めぐみへの誓い|拉致で引き裂かれた家族の苦悩[沖縄・映画館へ行こう!]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

最新映画情報

2021年2月18日更新

めぐみへの誓い|拉致で引き裂かれた家族の苦悩[沖縄・映画館へ行こう!]

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2021年2月27日(土)より桜坂劇場で公開


©映画「めぐみへの誓い」製作委員会


めぐみへの誓い

拉致で引き裂かれた家族の苦悩

1977年11月15日、新潟県の中学校に通う横田めぐみは、部活からの帰り道に拉致され、北朝鮮に連れ去られる。朝鮮語を覚えたら帰国できるという言葉を信じて必死に勉強するめぐみだったが、18歳になった時、その約束がうそであったことを知り、絶望のあまり精神に破綻をきたしてしまう。

一方、日本に幼い子どもたちを残して拉致された22歳の田口八重子は、若い工作員キム・ヒョンヒの日本人化教育の教師となり、姉妹のように心を通わせていく。しかしキム・ヒョンヒは、大韓航空機爆破事件の実行犯となる。日本では、めぐみの両親とその支援者たちが必死の署名活動を続けていた。

原案は、舞台劇「めぐみへの誓い-奪還-」(脚本・演出・野伏翔)。



2020年/日本/102分/監督:野伏翔/出演:菜月、原田大二郎、石村とも子、大鶴義丹、小松政夫


[info]
2/20(土)・26(金)に【石原プロ特集】として、石原裕次郎主演の3作品を上映する。「嵐を呼ぶ男」(1957年)「泣かせるぜ」(65年)「富士山頂」(70年)。お得な3作品券を3000円で販売。

<問い合わせ>
桜坂劇場
電話098(860)9555

funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・映画情報
第1750号 2021年2月18日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3099

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る