気になる服のシワ、「ポリエステル素材」で予防|今、知りたいファッションテクニック[6]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2020年10月1日更新

気になる服のシワ、「ポリエステル素材」で予防|今、知りたいファッションテクニック[6]

パーソナルコーディネーターとして活動する渡嘉敷しんこさんが、シワになりにくい素材の服選びとそのコーディネートについて紹介する。(文/渡嘉敷しんこ)

ポリエステル素材でシワ対策


下地 洋子さん(39)のお悩み

1.ネイルサロンを経営しており、施術中は長時間座るため、シワになりにくいコーディネートを知りたい。

2.深みのある色や渋みのある色が似合わない気がする。

3.秋らしさを取り入れたいが何を着たらいいか分からない。


お悩み解決のコーディネートはコレ!▼


               
 
 
1 ポリエステルやウール素材でシワを予防
トップスは、ポリエステル素材のものを選びました。
糸そのものに反発性があるため、シワになりにくいのが特徴です。
パンツもポリエステルとウールの混紡なので、長時間座っていてもシワになりにくいです。

2 肌の色に合わせてトップスの色を選ぶ
深みのある赤や渋みのある黄色といった秋らしい色の服が店頭に多く並ぶ時期ですが、似合う色はその人の肌の色などによって異なります。
「カラー診断」の結果、下地さんは白や黒などはっきりとした色が似合うと分かりました。苦手な色は顔から離れているボトムスで取り入れて楽しむのがおすすめです。

3 首回りのデザインで秋らしく
顔の印象は首回りのデザインや襟の開き具合で変わります。
首が長い人は秋らしいハイネックやタートルネックが似合います。
首が短い人や丸顔の人は首が詰まっていないデザインを選ぶとすっきりとした印象に



私服の着こなしをブラッシュアップ
 


Before


After

上がいつものように私服を着こなす下地さん。秋らしいコーディネートが気になるものの、沖縄ではまだまだ夏服が手放せません。そんなときは小物で季節感を演出しましょう。 右では足元をパンプスに変更。バッグはファー素材をセレクトしました。出先で肌寒くなったときに羽織ったり膝にかけられる薄手のストールもあるといいですね。少しずつ、秋への移り変わりを楽しんでみてはいかがでしょうか。


とかしき・しんこ
骨格診断士、パーソナルコーディネーター。大手アパレルメーカーでの勤務経験などを生かし、一人一人に合った着こなしを提案している。
◆フィーカ デザイン  【HP】ficcadesign.com

ビューティー

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2214

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る