「きっと時は移り変わるから」|本村ひろみのコラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

COLUMN

本村ひろみ

2020年5月1日更新

「きっと時は移り変わるから」|本村ひろみのコラム

フリーパーソナリティーの本村ひろみさんが、暮らしを楽しむアンテナを巡らせて日々の沖縄・風景をレポートします。fun okinawaコラム「おきなわ暮らし散歩 Vol.65」フリーパーソナリティーの本村ひろみさんが、暮らしを楽しむアンテナを巡らせて日々の沖縄・風景をレポートします。fun okinawaコラム「おきなわ暮らし散歩 Vol.66」



「きっと時は移り変わるから」

澄みきった青い空に輝く海原。緑もあざやかになって、蝶(チョウ)もふわふわ舞う。
そんなカラフルな季節をおもいっきり楽しめないってどんな修行期間?




“春色の汽車に乗って〜海に連れて行ってよ〜”(赤いスイトピー)
聖子ちゃんの赤いスイトピーがこの季節のテーマソングと決めた10代から、春はパステルカラーに包まれた日々だったのに、今年はちょっと違う。
不要不急の外出は控える。
なので、いつもの散歩道に咲いている花を想像してリビングとキッチンとベランダで過ごす日々。でもそのおかげというかなんというか、料理のレパートリーも思いのほか増えたし、積んでいた本も勢いよく片付けられ本棚にしまわれていく。韓流ドラマにもハマった。部屋も少し片付いた。でも毎朝目が覚めるたびに普通の日常に戻っていますようにと願わずにはいられない4月でした。
皆さんも元気にしていますか?



ライフワークとしている街歩き。
国際通りは取材で出かける日中の時間でも、歩いている人をほとんど見かけない。店舗には臨時休業の張り紙。
いつもは店舗から流れているラジオの音も聞こえない。
人気(ひとけ)がないから、風のさざめきもない。ただまっすぐに風が吹いていて街が静まり返っている。横断歩道の青信号がむなしく点滅している。
そんな街をみると涙が出る想いだけど
みんな頑張っている。



にぎやかさがまた戻ってくる。それまでの辛抱。
なので、皆さん!
国際通りや市場のシャッターが一斉に開く日は、ぜひウチナーンチュみんなが街に出かけてほしい。そして店舗を営んで頑張っている皆さんに買い物しながら「待っていたよー、これからもまた来るね」と声をかけてほしい。
元気な笑顔があふれる街。そんな日がすぐにやってくる事を今は祈るような気持ちで待っている。



私も日々ユーミンのライブTシャツを着ながら自分を励ましています。
コンサートチケットを手に、ライブの日がやってくるのを待つ幸せな日々を夢見て。中島みゆきの「時代」をときおり口ずさむながら。


 

本村ひろみ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
本村ひろみ

これまでに書いた記事:46

ロマンチストなラジオDJ
那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学 造形芸術研究科修了。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2(毎週 日曜日 19時~20時)」でパーソナリティーを務める。

TOPへ戻る