「きょうだいって面白い」金城真知子コラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

金城真知子

2019年5月27日更新

「きょうだいって面白い」金城真知子コラム

3人の子育てワーキングママ金城真知子が綴る「ホッとする沖縄時間」を綴ります。(vol.12)



〜〜 欲しい物を「何でこんなに言えるの?」 〜〜

同じように育てているつもりでも、よく「きょうだいなのに、なんでこんなにも性格が違うかね〜!」なんて話が出るが、わが家でもアルアルである。

 

 最近、小学5年生の長男が言った言葉が、印象的で

「なんで〇〇(妹の名前)は、欲しいって思ったら、何でこんなに言えるわけ〜!ネコが飼いたいとかプレゼントにはコレが欲しいとか、、、誕生日なんてまだ半年も先なのに、しょっちゅうー言ってるから、9個くらいはお願いしてるんじゃない!?」と真剣な表情。

 

思わず「なんで、言うだけはいいさ〜」と笑ってしまったのだが、

振り返って考えてみると、長男はすぐに「欲しい! 買って!」と言ったことがない。毎月買っているコロコロ コミック(雑誌)でさえ、テレビCMが流れた時に「あ、もうすぐ出るんだ〜! 沖縄は 少し遅れるハズだから・・・」とだけ、独り言のようにつぶやく。

「欲しい」はずなのに、すぐには言わないタイプ。「今度、時間ある時に本屋行こうか!!」と私から言うと、「いいの〜! でもママ忙しいんだったら行ける時でいいよ〜」とまで言う。

小学生なのに、こんなにも配慮の言葉をかけてもらい、なんだかこちらが申し訳なくなってしまうほどである。

ちなみに、2歳年下の長女の方はどうかというと、雑誌の裏側のオモチャ広告ページには、好きな物に大きく◎を付けてしっかり私にアピール! 好きな物ばかりを集めた切り抜きも作っているし、テレビを見ては「ママ、これ! これ!! コレが欲しい!! 分かった! 覚えていてよ」とアピール。

最近では、ネコちゃんが欲しいというので、アパートでは飼えないんだよ! と伝えると「だったら一軒家が欲しい!」と言ってきた!!

思いのままに、それも何度も「言葉にしてお願い出来る」ところが、長男には不思議でたまらないようである。
 


〜〜 やっぱり言わないと伝わらない 〜〜

そんな、性格の違う二人だから、私からの「伝え方」もある意味真逆である。

長女には「これが全部かなったらホントすてき! でも、どんなにたくさん言われても(何回も言われても)、全部は買ってあげられないから、どれにするか選んでおいてね〜」という感じ。

一方、長男には「まずかなうかどうかは別として『思いを伝えるって事が大切』なんだよ」と話す。だって、どんなに長い時間を一緒にすごしている家族であっても、言わないと分からないし「もしかしたら、こんな簡単な事すぐOKだよーって事もあるさーねー」と伝えている。

 

 その言葉に、毎回「分かった」という長男だが、やっぱり「欲しい物」誰かに「やってもらいたい事」に関しては、ワンテンポ遅れる感じがあるが、、、それでも、最近は少しずつでも伝えてくれるだけありがたい。

長男から発せられる

「あのさー、言いにくいんだけどさー」「ちょっと、こっちに来てくれない」

この二言は、彼にとって「意を決した言葉」に続くことがあるので、家事の途中であっても手を止めて行くようにしている。

(このプリント渡すのが遅くなってゴメンとか、学校で使う文房具、去年使っていた物が見つからなくって)など、些細な事も多いのだが・・・
 

〜〜 夢って聞かれても困る 〜〜

そんな長男は、将来の事に対してもちょっと慎重派。「将来の夢は?」という質問が苦手のようである。先の事はわからないからやっぱり不安だし「やりたい事が、本当に自分にとってそうなのか?」などいろいろ考えこんでしまって、やっぱり「分からなくなる」のだと、彼は言う。

 勉強もそこそこできて、家に遊びに来てくれる友人もいる。妹たちとも遊んでくれる一方、ゲーム時間が長過ぎる!! と私にカミナリを落とされる、そんな小学生らしくて、自慢の長男なのだが「欲しい」「やりたい!」は中々言えない慎重派は息子。。。

一方、ダメと言われても、何度でもトライして、満面の笑みで「これ欲しい!」「あれ買って」「も〜お願いーー」とねだる長女。

 

 これから、どんな風に育っていくんだろう・・・
親として、楽しみで、楽しみでしょうがない。



金城真知子さんのコラム[カテゴリー:子育て 大人女子を応援]
ほっとする沖縄方言 vol.12

 

金城真知子

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
金城真知子

これまでに書いた記事:31

フリーパーソナリティー
沖縄県南城市出身。琉球大学卒業。
ラジオパーソナリティー・ウェディング司会者・スマイルトレーナー®
FM沖縄『ちゅら玉・浪漫紀行』ではライター兼ナレーターを担当。
沖縄の自然や習慣・格言などを題材にウチナーグチを交えて紹介。
本コラムでは、沖縄で暮らす3児のワーキングママとして、家族の日常を綴っていく。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る