季節の贈り物|本村ひろみのコラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄のイベント情報満載!(2018年6月14日〜)

COLUMN

本村ひろみ

2018年3月1日更新

季節の贈り物|本村ひろみのコラム

フリーパーソナリティーの本村ひろみさんが、暮らしを楽しむアンテナを巡らせて日々の沖縄・風景をレポートします。
fun okinawaコラム「おきなわ 暮らし散歩 Vol.40」



この時期、朝夕はヒンヤリしていても
日差しがあるとお昼頃に時々初夏が顔を出す。
「しまった! 今日の洋服失敗」と
額の汗を拭きながら長袖の袖をまくる。
国際通りは半袖の観光客ばかり
日焼け止めのクリームをそろそろ今年用に更新しよう。
薄着すぎて思いのほか寒かったり
まわりから浮く感じに厚着だったりを繰り返して
やっと季節にあった服装になる。
3月は春と初夏が行ったり来たり。
でもちょっと待って。
その間に沖縄はうりずんの季節。
テッポウユリにイジュや月桃の白い花、デイゴの赤い花
紅白の花で祝福される沖縄独特の季節がやってくる。



春が好き。
大好きなので春を歌った曲は昭和から現在まで全部好き。
いま原稿を書きながらヘッドホンから流れている曲は
聖子ちゃんの”赤いスイトピー”。

新しい靴で出かけよう。
少し早めに家を出て
目的地のいくつか前のバス停で降りる。
いつも眺めている車窓から過ぎてゆく風景のなかを歩いてみる。



安謝の橋を渡って
ゆるく続く上り坂を10分ほど歩き
おもろまち側に曲がる。
住宅街の手入れされた庭を楽しみながら
子どもたちの遊ぶ公園、小学校の校庭の草花に足を止める。

通りのスイトピーも野バラも風に揺れて
お花屋さんの店先には可憐(かれん)なヒヤシンスが主役の座にいる。

”I will follow you 翼の生えたブーツで
 I will follow you あなたと同じ青春走ってゆきたいの
 線路の脇のつぼみは赤いスイトピー”


思わず口ずさむ。
柔らかい光のなかで足取りも軽い。



外国語が飛び交うモノレール牧志駅で降りる。
国際通りを抜けて市場のあるサンライズ通りへ
オープンしたばかりのショップで
ブーケンビリアの赤とピンクの小さなブローチを買った。
黒いコートを明るくするためにそれを胸に付けて壺屋通りを歩くと
鮮やかなブーゲンビリアに出逢(あ)った。
夢のよう。風景の中の自分に既視感。

そこから少し歩いた場所にある
若い陶芸作家のショップで薄いブルーの平皿を買った。
先日届いた宮古島の春野菜でサラダを作ろう。
外に出たらうっすらと虹が見えた。



かみしめると甘いニンジンも
たっぷり水分を含んだキャベツや大根も季節の贈り物。
なんだか毎日慌ただしいけど
大切なことは気づかないうちに過ぎてゆくから
忘れないうちに思い出してね。



扉の向こう
風が運んできているものに。


 

本村ひろみさんのコラム一覧

本村ひろみさんのコラム|funokinawa
これより以前のコラムは「コノイエプラス」へ

本村ひろみさんのコラム[カテゴリー:暮らしをデザイン 輝く女性を応援]
おきなわ 暮らし散歩 vol.40

本村ひろみ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
本村ひろみ

これまでに書いた記事:23

ロマンチストなラジオDJ
那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学 造形芸術研究科修了。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2(毎週 日曜日 19時~20時)」でパーソナリティーを務める。

SIMATABI_台湾

TOPへ戻る