将来なりたい職業は? 社会人になって叶えた夢|金城真知子のコラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

金城真知子

2018年2月19日更新

将来なりたい職業は? 社会人になって叶えた夢|金城真知子のコラム

沖縄で暮らす3児のワーキングママとして、家族の日常を綴っていく。「沖縄で、暮らす・はぐくむ Vol.39」

金城真知子さんのコラム|キャリア教育で学校へ

【キャリア教育で学校へ】

ここ数年、小学校や中学校に呼んでもらうことが増えてきた。
子どもたちが職業観を学ぶ「キャリア教育」の一貫で「お仕事先生」とも呼ばれる自身の職業について紹介する特別授業である。
一番多いリクエストが「アナウンサーの仕事について話してください」との事。本音を言うと、少しジャンル違いの私がアナウンサーを語っていいのかな〜と、ちょっと気が引けるけど。。。それでも、子どもたちに「人気職」なのはうれしい事なので、こちらの都合はそばに置いておき、手帳に「花丸マーク」を書き込こんで授業を引き受ける。

【アナウンサーと、テレビには映らないお仕事】

アナウンサーと聞くと、真っ先に「キレイで正しい日本語」を話す人というイメージが浮かぶかもしれない。でも、実際は一番大切な事ではい。辞典には「世の中にあふれている情報を、言葉を使って分かりやすく、たくさんの人に伝える仕事」とある。

そう、アナウンサーとは

  1. 伝える情報を選んで
  2. どう表現したら分かりやすく
  3. 多くの人に伝わるか


を考える仕事なのだ。核になるのは、やっぱり「情報を選んで、言葉で伝える」という事なので、聞いてくれている方はどんな人なのかをイメージして、どの言葉を選んだら伝わりやすいかを考える。それに加えて、自分はどう感じたのかを添えて。。。頭の中で、この作業をくりかえしながら、放送の時を迎える。

ふと考えてみると、これってまさに「コミュニケーション」そのもの。アナウンサーの方々が、話し上手であると同時に、聞き上手で、盛り上げ上手なのは、相手に合わせた伝え方を、日々の現場で培っているからなんだな〜と実感する。尊敬する先輩方の顔を思い浮かべながら、生放送のあの頃が恋しくなって、執筆中にテレビを付ける私。
(やっぱり放送局で働くことは、楽しくてやりがいがあって、最高の自己研鑽の場でもあった)

そして「キャリア教育」では、必ず「テレビには映らない人」の事もお伝えしている。
例えば、技術さんと呼ばれるカメラさん・音声さん・照明さんに加えて、映像スイッチャーさんやキャプション(画像の説明やセリフ)を打つ人、他にも音楽を考えたり、アニメーションを作ったり、プロデューサー・営業マン・編成さんなど、放送に携わる多ジャンルの仕事を紹介している。たくさんの人と一緒に番組を作っていくことを伝え、子どもたちには「今、自分自身の中にある「好き」が、放送局の仕事につながることもあるよ〜」と話すと、下を向いていた子もふっと顔をあげてくれたりするので、私も心の中で「やった〜」と声あげる。


【放送局で働くのに大切なこと】

放送局で大切なことは、大きく三つだと思っている。

  1. ワクワクする心(好奇心)
  2. チームワーク
  3. コミュニケーション力


どれも小学生から育てることが出来る大きな力で、この原動力があれば、放送局に関わらず、きっといろいろな分野で活躍できる人になれるはず!
また、子どもたちが社会人になる頃には、ひとつの企業に「就職する」という形も変わってきているかもしれないので、「フリーランス」という働き方も伝えている。

【夢はいくつも・フリーランスという働き方】

フリーランスで働いている私は、司会やナレーション、テレビCMや、講師業。さらにはこのコラムの執筆など、いろいろな種類のお仕事をさせていただいている。だから、毎日が充実していて楽しくてしょうがない。
子どもたちには、いくつもいくつもたくさんの夢を描いてほしいと伝えている。そして、自分の好きに出会って、働くって本当に楽しい事を実感してほしいと願っている。
さらには、大人になっても夢をかなえられると伝えている。
私自身、小学校の頃の夢は「学校の先生」だった。こうしてあの頃の「まちこ先生」になる夢が、みんなのおかげでかなった(^^)と伝えると笑われてしまうのだが、やっぱりうれしい「まちこ先生」という響き。ホント感謝でいっぱいである。

金城真知子さんのコラム|未来の輝きにあふれている子どもたち。

未来の輝きにあふれている子どもたち。
この子たちがワクワクと将来を描けるかどうかは、やっぱり私たち大人が、どれだけ楽しんでいる姿を見せられるかなんだと思う。苦労話なんかは、その後でもいい。

「大人は楽しいよ〜!! 働くって本当楽しいよ〜!!」と声を大にして伝えられるように、今日も日々を過ごしていこう。




金城真知子さんのコラム一覧
金城真知子さんのコラム|funokinawa

これより以前のコラムは「コノイエプラス」へ

金城真知子さんのコラム[カテゴリー:子育て 大人女子を応援]
沖縄で暮らす・はぐくむvol.39

金城真知子

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
金城真知子

これまでに書いた記事:27

フリーパーソナリティー
沖縄県南城市出身。琉球大学卒業。
ラジオパーソナリティー・ウェディング司会者・スマイルトレーナー®
FM沖縄『ちゅら玉・浪漫紀行』ではライター兼ナレーターを担当。
沖縄の自然や習慣・格言などを題材にウチナーグチを交えて紹介。
本コラムでは、沖縄で暮らす3児のワーキングママとして、家族の日常を綴っていく。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る