タイムス住宅新聞社勤続24年、いままで、見守ってくれてありがとう。|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

沖縄空間

2017年10月30日更新

タイムス住宅新聞社勤続24年、いままで、見守ってくれてありがとう。

2017年11月6日よりタイムスビルへ移転する前に到来した台風22号(サオラー)。那覇市久茂地からうるま市州崎に移転して24年、社とともに成長し見守ってきた「がじゅまる」がありました。勤続24年、おつかれさまでした。



台風22号(サオラー)が過ぎ去り、月曜日。
会社のシンボルツリーが強風により倒れていました。

高さも2階建部分まであり、夏は日差しを和らげる自然のカーテンの役割をしており、自然の光とやさしい風を運んでくれた。


(2017年8月ごろ撮影)



こうやって見てみると、上物の木の部分と根元部分のバランスの悪さが見てとれます。
過去にやってきた大型台風や春の強風をしのいだものだと感心。また、日常での作業で事故が起こらなかったことに、「がじゅまる」が見守っていてくれたのかなと個人的に思います。

長い間、社屋の防風林としてお疲れ様でした。


(根元からひっくり返され、自然の力を感じます)

さて、ここでもうひとつ。
被害を受けた方が…


(一枚目の写真をよく見てみよう。ちょっとかなしい雰囲気)

ハトさん、がんばってください。

沖縄空間

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
テルヤマサヤ

これまでに書いた記事:35

元web班
沖縄出身。「ワクワク・ドキドキをこの住まいから。」をキーワードに、沖縄の住まいと暮らしに充実したプラス(情報)を提供したい。そんな気持ちで毎日、仕事をしています。

座右の目:シンプル イズ ベスト
趣味:パン・お菓子作り(笑)

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る