[最新]沖縄のウェディング事情 自分たちらしく|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

COLUMN

Happily

2017年5月11日更新

[最新]沖縄のウェディング事情 自分たちらしく

結婚、それから二人で積み重ねていく時間はかけがえのないもの。6月のジューンブライドシーズンを前に結婚を考えている皆さんや、大切なパートナーへの記念日の贈り物を考えている方に届ける「幸せプレゼント」。贈る側、もらう側、みんなが笑顔になるプレゼントや、最新のウエディング情報などを紹介します。



結婚、それから二人で積み重ねていく時間はかけがえのないもの。6月のジューンブライドシーズンを前に結婚を考えている皆さんや、大切なパートナーへの記念日の贈り物を考えている方に届ける「幸せプレゼント」。贈る側、もらう側、みんなが笑顔になるプレゼントや、最新のウエディング情報などを紹介します。
 

増える少人数スタイル
列席者や件数は減少傾向

沖縄の挙式、披露宴といえば大人数で大掛かりなイメージ。ところが、そこに変化がみられるようだ。「最近では、列席者数や婚礼件数も減少傾向にある」と、専門学校沖縄ブライダルモード学園のブライダル講師・山田ルミ子さん=写真=は話す。



一方、増えてきているのが、レストランウエディングなどの少人数スタイル。さらに、最近は、さまざまな理由で結婚式を挙げない「ナシ婚カップル」が増加しているようだ。

山田さんは「人生の大事な節目の一つとして、大切な方々へ『感謝』の気持ちを伝える場として、ぜひ結婚式を挙げてほしい」という。

「大きなウエディングもにぎやかでとてもいいのですが、小さなウエディングは、新郎新婦とゲストとの距離が近く、アットホームな雰囲気の演出ができる」と、特徴を挙げる。県外や海外からのリゾートウエディングも増えている沖縄。まずは、県民が結婚式でその良さを体感するのもいいかもしれない。

▼山田さんの話をもとに、編集部で情報3件をピックアップ!!
 

[1/3]

個人のプランナーに依頼 最高に自分たちらしく
Kevin's Happy Wedding



 

[2/3]

個性的、現代的な陶器を
アンカー商事




[3/3]

思い出を写真に残して
ainowa(あいのわ)沖縄リゾートウェディング

Happily

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2750

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る