「花が咲いた」|本村ひろみのコラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

ビストロ食堂ChezNori468

COLUMN

本村ひろみ

2017年4月1日更新

「花が咲いた」|本村ひろみのコラム

フリーパーソナリティーの本村ひろみさんが、暮らしを楽しむアンテナを巡らせて日々の沖縄・風景をレポートします。
fun okinawaコラム「おきなわ 暮らし散歩 Vol.29」

春がやってきた。
一年のなかで一番好きな季節。
妖精が世界に魔法をかけ、
全てのものが目覚める瞬間を
私たちは「花が咲いた」とつぶやく。

お花屋さんのショーウインドーにパステルカラーが並んでいる。
花を贈るシーズン
かれんな花の中に“赤いスイートピー”を探す。
1982年
ユーミンが作曲したこの曲は
聖子ちゃんカットの女子学生にとって
淡い未来と春の象徴だった。
「I will follow you 翼の生えたブーツで
I will follow you あなたと同じ青春
走ってゆきたいの
線路の脇のつぼみは赤いスイートピー
(中略)
心に春がきた日は赤いスイートピー♪」
だから
今でも春の赤いスイートピーは特別な花。


赤いスイートピー|本村ひろみさんのコラム


アイルランドの詩人ウィリアム・バトラー・イェイツ(1865~1939)。
彼の著作『ケルトの薄明』の中で
「妖精たちの群れ」という章にこんな一文がある。

「来なさい、逃れて来なさい、
この世の夢でいっぱいの心を空にしなさい
風は目覚め、木の葉はあたりをめぐっている」

閉ざされた冬から
輝きに満ちたこの場所に「逃れて来なさい」と
妖精たちは春の窓を開けて待っている。

うれしい便りも
寂しい便りも届いた。
美しい旅のような人生。
年を重ねても新しい気持ちで春を迎える。


イペーの花|本村ひろみさんのコラム


つい最近までピンクが主役だった川沿いが
いつの間にか
イペーの黄色い花が満開になっていた。
気づかないうちにソッと。
24色の色鉛筆を使っても足りないくらい
光の加減で明度と彩度を調合して
目に映る風景は春色になる。

「時は燃えるローソクの
滴のように無くなっていく、
山々と森はその日々を持つ、
それぞれの日々を。
あなたがたは、どうぞ、
モミから生まれた森の
昔の軌道から、お願いです
外れていかないように」
(『ケルトの薄明』時は滴り落ちるより)


本村ひろみさんのコラム|funokinawa


春を追う。
弥生三月から卯月(うづき)へ
黄色やピンクの花びらを追って
春へと続く道を歩む。
また会えた春を喜びいさんで迎えに行く。

おめでとう、また会えた。
「春」
“March winds and April showers bring for May flowers”
(訳/3月の風と4月の雨が花の5月を連れてくる)




※2017年4月9日よりラジオ沖縄で「We love yuming 2」がスタートします。毎週日曜日19時〜20時オンエア。
皆さんの思い出のユーミンソングをリクエストに送ってください。
アドレスは yuming864@rokinawa.co.jp まで。
お待ちしています。

<ラジオ沖縄>
http://www.rokinawa.co.jp/


 

本村ひろみのコラム


過去のコラムは「コノイエプラス」へ


本村ひろみさんのコラム[カテゴリー:暮らしをデザイン 輝く女性を応援]
おきなわ 暮らし散歩 vol.29

本村ひろみ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
本村ひろみ

これまでに書いた記事:13

ラジオパーソナリティ
那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学 造形芸術研究科修了。
ラジオやテレビのレポーターを経て、ラジオのパーソナリティ、式典や披露宴、イベントなどの司会として活躍中。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2(毎週 日曜日 19時〜20時)」でパーソナリティーを務める。沖縄県立芸術大学大学の修士課程を修了。英国サリー芸術大学に留学し、ファッション・デザイン課マスターコースで学んだ経験を生かし、デザインやイベントのプロデュースにも携わる。

funokinawa コラム一覧

TOPへ戻る