大切なことは目に見えないし近過ぎても見えない|本村ひろみさんのコラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

COLUMN

本村ひろみ

2024年1月16日更新

大切なことは目に見えないし近過ぎても見えない|本村ひろみさんのコラム

フリーパーソナリティーの本村ひろみさんが、暮らしを楽しむアンテナを巡らせて日々の沖縄・風景をレポートします。fun okinawaコラム「おきなわ暮らし散歩 Vol.109」

本村ひろみ

タグから記事を探す
月に一度会う友人に、新年のあいさつをして別れ際に「また来月ねー」って言って手帳に予定を記したら、当たり前だけどそのページが2月だったので、“次会うときはもう2月!”と、少なからず衝撃を受けた新年の初め。通りを歩くとコンビニの前には恵方巻ののぼり。
皆さんはどんな2024年を迎えましたか?



能登半島地震や羽田空港での飛行機事故と、立て続けのニュースにくぎ付けになったお正月。
刻々と状況が映し出される現場の映像に、ただただ祈ることしかできない無力さに胸が痛みました。ネット上でも地震の揺れに驚いて家から飛び出して行方不明になってしまったペットの捜索情報が拡散され、無事に家族のもとに戻れますようにと祈り、その後見つかったペットの写真には涙しました。そしてその後の大雪。被災地では今なお続くつらい日々。1日でも早く、みんなが元の生活に戻れますようにと願うばかりです。
神様仏様、どうか早くあたたかい春を運んできてあげて!
どうかよろしくお願いします。




ヤンバルでは桜がそろそろ咲き始めるということで、混雑する前に両親とヒカンザクラを見に八重岳へ出かけた。まだ3分咲きくらいの八重岳で、1本だけ満開の桜の木があった。「わーっ」と感激しながら見上げる桜の木。青空にピンクの花。母も子供のようにはしゃぎながら、落ちている花びらを拾って大切にカバンに忍ばせていた。春のかけら。鳥のさえずりが響く自然の中で春の陽光を浴びながら、心の中では“はーるよ来い、はーやく来い♪”と念じながら唱えた。



今年最初に取材でジュンク堂書店那覇店に行ったら、エグゼクティブプロデューサーの森本浩平さんがゲッターズ飯田さんの本で私の今年の運気を占ってて、会うなり「本村さん、今年はモテ期到来みたいですよ! 運気もどんどん上がっていくみたいです」って笑顔で話してくれた。そんなうれしすぎ。テンション上がりました。
そういえば年明けから高校のバンドメンバーで卒業後初の新年会もしたし(女子は私一人)、これはたしかにモテ期到来かも(笑)



新年会のあと、遅い時間なのに人の多い国際通りをブラブラと歩いた。裏通りには初めていく場所もあって、昼間とはまた違う様相だった。友人と「大切なことは目に見えないし、近過ぎても見えないね」って少し酔った頭で哲学的な話をしながら、友人が撮ってくれた1枚が今年ベストワンかも。(はやっ)

本村ひろみ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
本村ひろみ

これまでに書いた記事:95

ロマンチストなラジオDJ
那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学 造形芸術研究科修了。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2(毎週 日曜日 19時~20時)」でパーソナリティーを務める。

TOPへ戻る