ひらめきと刺激|本村ひろみさんのコラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

COLUMN

本村ひろみ

2023年4月11日更新

ひらめきと刺激|本村ひろみさんのコラム

フリーパーソナリティーの本村ひろみさんが、暮らしを楽しむアンテナを巡らせて日々の沖縄・風景をレポートします。fun okinawaコラム「おきなわ暮らし散歩 Vol.101」

本村ひろみ

タグから記事を探す
雨が降ってきたので羽織を探した。
薄手の黄色いレインコートがこの辺にあったはず、と思い出して部屋の中あちこちを探したけど見つからない。いつもの場所に畳んで置いていたのに、と諦めて出かけた。この時期は雨が降ると少し肌寒い。あれから1カ月ほどたったけどまだレインコートは行方不明。梅雨前に見つかるといいんだけど。
そんな探しもの、皆さんはありませんか?
去年の春は、昔読んでどこかに積んでおいた本を探して結局見つからなかったことを思い出した。春はいつも何かを探している感じ。



先日ネットでパリコレの特集をみた。
ここ数年ためていたパワーが勢いよく弾ける感じで、ファッションのエネルギーがすごかった。デザインやショーはもちろん、そこに集う人たちの渦巻くエネルギー。今回のパリコレには世界中のインフルエンサーが招待され、ショーの会場前にはアジアのスターを待つファンが列をなし、横断幕を掲げ、到着したスターに黄色い歓声を投げかける。そんなシーンって今までなかった気がする。ファンは身をもってパンクでロックな推し活。ここにも健在です。



戦国の世のあとに訪れた「安土桃山時代」には自由闊達(かったつ)な華やかな時代が現れた。
その中には奇抜な身なりで「かぶく(傾く)」者たちも。派手な装束や髪形で自己表現する者たち。のちに「歌舞伎」の語源となる「傾く」。ファッションの舞台にはこの精神が息づいている。
いくつかのランウェイをのぞいて、心に残ったのは「本質・上質・変形」この三つのテイスト。加えて萌キュンな透け感にパステル。
ファッションを通して新しい時代の新しいステージを見た。




街に人が戻って、ビーチでは海開きを楽しむ大勢の人たち。
忘れていた春の風景がかえってきた。
私は懲りずに4月スタートの語学学習を始めた。
中国語とハングル。
1週目は「ニイハオ」と「アンニョンハセヨ」
新しいテキスト(教科書)をひらくこの気分がいいんです。
ということで
新年度も「ひらめきと刺激」をキーワードに文章をつづっていこうと思います。



 

本村ひろみ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
本村ひろみ

これまでに書いた記事:96

ロマンチストなラジオDJ
那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学 造形芸術研究科修了。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2(毎週 日曜日 19時~20時)」でパーソナリティーを務める。

TOPへ戻る