本村ひろみさんのコラム|やがて訪れる新しい年に“推し”のいる生活を!|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

COLUMN

本村ひろみ

2022年12月9日更新

本村ひろみさんのコラム|やがて訪れる新しい年に“推し”のいる生活を!

フリーパーソナリティーの本村ひろみさんが、暮らしを楽しむアンテナを巡らせて日々の沖縄・風景をレポートします。fun okinawaコラム「おきなわ暮らし散歩 Vol.97」

本村ひろみ

タグから記事を探す
今は12月5日の夜。まもなく始まるW杯の日本vsクロアチア戦を前にドキドキしながらこの原稿を書いている。勝つと信じているけど、結果がどうであれ皆でワクワクする時間を共有できることがうれしい。選手の笑顔と若さがまぶしい。そして推しの選手の背番号をつけたウエアを着て応援している人たちのキラキラ輝いている笑顔を見るとほほ笑ましい。いやー、本当に楽しそう。いいね、まわりまで楽しい気分になる。
と、ここまで書いてそのあとの結果はご存じの通り。残念だったけどいい夢をありがとうと眠りについた。

熱中する何かがあるってホント、日々のパワーになる。
好きなもの、楽しいこと、夢中になるもののためだったら、普段は「えー、絶対無理!」と思うことも苦にならない。多少の難儀も買って出る。
皆さんもそんな趣味や道楽、推しってありますか?
ここで改めて“推し”という言葉を説明すると、“推し”は他の人に勧めたいくらい気に入っている人物や物のことです。
「推し活」は推しを応援する活動全般。
「推し事」は仕事をするように推しのために行動すること。
「推し仲間」は推し、またはそのグループを一緒に推している仲間。
そして「二推し」のように、二番目に推しているって言葉もあるようです。
“推し”は2000年初頭にはネットで「AKB48」のファンが使っていたとのこと。その歴史は意外に長い。まぁそれ以前から「お気に入り」とか「追っかけ」とか言ってましたね。

コロナ禍で韓国や中国の時代劇にハマった私。今では韓国の俳優にも推しがいて、先日とうとうファンクラブにも入りました。もしかすると来日のファンミーティングで会えるかもしれない! というささやかな夢を抱いて(笑)
いやー、まさかこの年でイケメン俳優の追っかけをしたいと思うなんて、自分でもビックリです。でも疲れて帰ってきて眠る前にその俳優の出演している時代劇を見るのはかけがえのない時間。明日への活力です。



そんな私が物心ついた時からずっと「推し活」しているユーミン。
いよいよ12月8日から東京六本木にある東京シティビューでデビュー50周年記念の展覧会「YUMING MUSEUM」が開催される。もちろん初日に駆けつけるつもり。この文章を書いている7日の夜はドキドキワクワク中!




12月8日。快晴の東京に到着して、展覧会の前にまず丸の内へ。現在ユーミンとコラボして丸の内かいわいがレトロポップクリスマスに。ユーミンソングの流れるなか輝くツリーを眺め、黄色く色づいたイチョウ並木を急ぎ足で移動。クリスマスマルシェでにぎわう喧騒の街を抜け六本木ヒルズ森タワー52階にある東京シティビューへ。会場に足を踏み入れるとグランドピアノとユーミンの手書きの楽譜が空から舞い降りるディスプレー。ため息の空間。ゆっくりと会場をめぐる。興味をひかれたのは1976年のユーミンの部屋の写真。椅子もテーブルも観葉植物もオシャレだ。他にもユーミンが描いた絵やデッサン、読んだ本、その頃弾いていたピアノも飾られていてなんだか胸が熱くなる展示でした。音声ガイドから流れてくるユーミンの語りで展覧会をめぐるぜいたくな時間。開催は来年の2月26日までです。




皆さんもぜひ“推し”を見つけて2023年を楽しい一年にしましょう!
どうぞ良い年をお迎えください。
 

本村ひろみ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
本村ひろみ

これまでに書いた記事:96

ロマンチストなラジオDJ
那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学 造形芸術研究科修了。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2(毎週 日曜日 19時~20時)」でパーソナリティーを務める。

TOPへ戻る