灰色の雲はやっぱり雨を連れてきた|本村ひろみのコラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

COLUMN

本村ひろみ

2022年5月6日更新

灰色の雲はやっぱり雨を連れてきた|本村ひろみのコラム

フリーパーソナリティーの本村ひろみさんが、暮らしを楽しむアンテナを巡らせて日々の沖縄・風景をレポートします。fun okinawaコラム「おきなわ暮らし散歩 Vol.90」

ベタベタ湿った風が吹いて月桃の白い花があちこちに咲き始めたら、予想通り、梅雨入りしましたね。
カビが活躍しませんようにと願いながら夏を待つ季節です。

さて、4月から5月初旬のGWまで週末ごとに遠出を楽しみました。



朝からまぶしい青空が広がった4月の日曜日、両親と一緒にヤンバルへ。その翌日から朝ドラで「ちむどんどん」が始まるということもありテンションも上がり、両親はドラマの舞台となるヤンバルにはしゃいでいた。大宜味村の工芸展「いぎみてぃぐま」で芭蕉(ばしょう)や陶芸、木工作品を鑑賞して手打ちそばを頂く。満足満腹で満開に咲いたオクラレルカが広がる畑へ。一面の紫色の花を揺らす風は薫風だった。






そろそろ梅雨って言葉が気象情報から聞こえてくるようになった4月終わり。猫に起こされ早朝のストレッチのあとウオーキング。朝9時。海岸沿いにはおもいのほか散歩やウオーキング、釣りやマリンレジャーを楽しむ人がいた。潮風が海の匂いを運んでいる。どんよりとした灰色の空。6月にユーミンのライブが開催される沖縄コンベンションセンターの方向にヨロシクと手を大きく振った。晴れ晴れとした気持ちになる。






4月29日。GW初日、沖縄こどもの国に新しい施設がお目見え。水槽の中の大きなワニがガラス越しに真下から見られる。見上げるそこには水中のワニ。これはぜひとも行かなきゃと初日朝9時の開園に並びました。楽しげな家族連れの遠足ムードにつられてそのワクワク感といったら。ワニのいる施設ではみんな見上げて天井にカメラを向けている。ガニ股のワニの足がなんともかわいかった。暖かい風が強めに吹いていたその日、水上園路にはたくさんのこいのぼりが青空に泳いでいた。



5月4日みどりの日。沖縄地方梅雨入り。北中城にある中国茶と茶菓子が楽しめる“茶楼雨香(ちゃろううか)”でそのことを知った。小雨のなか訪ねた茶楼。中国茶の豊かな香りと異国の雰囲気漂う空間。カウンターのオレンジ色の照明、雨の日の窓からの届く鈍い光。流れている懐かしい音楽。そしてなんといってもお湯を注ぐごとに表情をかえるお茶の味わい。器の手触り。五感がフル回転だった。
しあわせな梅雨入りの記憶。



5月もまたあちこち出かけようと思う。
傘をさして好きな場所へ。
 

本村ひろみ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
本村ひろみ

これまでに書いた記事:70

ロマンチストなラジオDJ
那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学 造形芸術研究科修了。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2(毎週 日曜日 19時~20時)」でパーソナリティーを務める。

TOPへ戻る