「行動範囲はほぼワンマイル、チラックスな日々」|本村ひろみのコラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

COLUMN

本村ひろみ

2021年5月31日更新

「行動範囲はほぼワンマイル、チラックスな日々」|本村ひろみのコラム

フリーパーソナリティーの本村ひろみさんが、暮らしを楽しむアンテナを巡らせて日々の沖縄・風景をレポートします。fun okinawaコラム「おきなわ暮らし散歩 Vol.79」

【沖縄コラム】「行動範囲はほぼワンマイル、チラックスな日々」



この頃ネコが早く起こすのでだいたい5時前に起床
いちばん鳥が鳴く少し前くらいで外はまだ薄暗い
かはたれどき(彼は誰 かはたれとも言うらしい)
ネコに朝ごはんをあげて私はまたゴロンと横になる
好きな音楽を携帯のプレイリストから選んでしばらくぼんやり聞く
ジャスティン・ビーバーの最新アルバムが今はヘビロテ
朝食を終えたネコは身繕いをしてチラチラと私を見ながら
ベランダへ行こうよと尻尾を振っている
起き出してドアをあけると静かな朝が広がっている
少ししてキッチンに向かう
radikoでラジオを聞きながらコーヒーを入れる
ラジオと台所仕事は相性がいい
食器を洗っていても野菜を切っていても炒めていても煮込みならなおさらはかどる
アナウンサーが7時の時報を告げたけど、窓の外の世界は鳥の声だけ
ささやかな日常の始まりはじまり



旬のアスパラガスを遠くの友人が送ってくれる
今年もブーケのように立派でみずみずしいのが届いた
どんな風に頂こうかとうれしい悩みだ
垂直に立つアスパラガスから香ばしい大地の香りがした



外のイベントがなくなったのでここ1年ファッションはリラックスなスタイルが多い
年齢とともに楽なファッションになっているのは否めませんが、それだけではなく、ここ数年はウエストがゴムのゆるーい感じがトレンドだ
以前にも書いたけど、ちょっと昔なら部屋着は家の中だけのもので決して外には着て出かけなかった
Tシャツに短パン
今はコンビニくらいならOKだ
家から1マイル(約1.6キロ)のお出かけにも大丈夫な服で、気軽なご近所コーデを“ワンマイルウエア”と呼ぶらしい
パジャマではなく、よそゆきでもない服
ウチナーンチュは昔からTシャツと短パンがほぼ部屋着だったと思うので、このリラックス感に時代が追いついたのかも



先日見事なスーパームーン皆既月食のあった夜
ゾロゾロとご近所さんたちも通りに出てきて月を見上げた
久しぶりの光景 
部屋着やパジャマにもちろんマスク姿で
こんなふうに夜風に吹かれ、ご近所さんたちとあいさつを交わしたのはたしか2年前のお盆の道ジュネー以来
大きな赤い月がもたらしたなんだか幸せな夜だった



ちまたで耳にする“chillax(チラックス)”という言葉
落ち着くの“chill ”とリラックスするの“relax”を組み合わせたスラングらしい
ファッションも音楽もチラックスなジャンルがいま心地いい
本棚にある10年前のファッション誌を眺めていたら70年代からアウトドアのアイテムがアメカジブームとリンクしている話が出ていた
きっと2020年以降のファッションにはホームウエアが大きな影響を与えるに違いない
しばらくオフの状態でチラックスな日々が続く

次のオンの時代まで。


 

本村ひろみ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
本村ひろみ

これまでに書いた記事:60

ロマンチストなラジオDJ
那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学 造形芸術研究科修了。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2(毎週 日曜日 19時~20時)」でパーソナリティーを務める。

TOPへ戻る