パパッとできちゃう! 低糖質COOKING|おからとふすまのスコーン|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

毎日のレシピ

2019年3月7日更新

パパッとできちゃう! 低糖質COOKING|おからとふすまのスコーン

糖質:2.4g(直径4センチ型1枚分)[23]
今回は、小麦粉の代わりにおからパウダーと小麦ふすま粉を使ったスコーンを紹介します。砂糖を使わないので甘くない、優しい味のおやつです。
水分が少ないスコーンなので、食べるときは少量のオリーブオイルをかけたホイップと一緒に食べると食べやすいですよ。糖質が気になるけど、おやつを食べたいという人におすすめのメニューです。

おやつにスコーンを

おからとふすまのスコーン

糖質:2.4g(直径4センチ型1枚分)

[材料・2人分]
おからパウダー70g
小麦ふすま粉50g
ベーキングパウダー小さじ1
塩少々


バター25g
牛乳190ml

[作り方]
赤字の材料をボウルに入れ、空気を含ますように混ぜる。


②下準備しておいたバターを①のボウルに加え、バターをつぶしながら延ばして粉となじませる。

③②に牛乳を3回に分けて加え、ゴムべらで切るように混ぜる。

④空気を抜くように、ボウルの中で生地を一つにまとめる。


⑤まな板の上にラップを敷いて生地をのせ、まとめるイメージでラップで包み空気を抜くように押し固める。

⑥ラップの上から、めんぼうで生地を延ばして2~3センチの厚さに整える。

⑦型の縁に軽くオリーブオイル(分量外)を塗って⑥の生地を型抜きする。

⑧クッキングシートを敷いた天板に型抜きした生地を置き、予熱しておいた200度のオーブンで15分焼いたら完成。



スムーズにできる!下準備

・牛乳は室温に戻す(冷たいままだと、バターとの混ざり方が良くないため)。

・バターは5ミリ角に切り、使う直前まで冷蔵する。


・オーブンを200度に予熱しておく。

・水分のあるおからを使う場合は、フライパンで軽く炒って水分を飛ばす。
 


真栄城悟さんのワンポイント

しっかり混ぜる

  • おからパウダーと小麦ふすま粉を混ぜるときはホイッパーで混ぜる。ゴムベラだと空気を含ませにくい。
  • バターを混ぜる際に手の体温でバターが溶けるとサクッとした食感になりにくい。おからパウダーなどをバターにつけて素早くつぶしながら混ぜる。

  • スコーンはバターと粉類の混ざり方が重要。きれいにしっかり混ぜるとサクッとした食感になる。
  • 牛乳を加える際は、牛乳を数回に分けて入れるように気を付ける。一度に大量に加えると生地に大きな固まりができやすい。

生地を固めて型抜き
  • まな板の上でしっかりと生地を固めないと、型抜きしづらくなる。

  • 型抜きの際は指でプレスしながら行う。





真栄城悟
まえしろ・さとる/県内で4店舗の飲食店を展開するピノーグループ統括。ホテルやレストランでの経験を基に、現在は低糖質メニューの講習会や先進地の視察などを行う。現在はピノ―グループ全般のメニュー開発を担当している。


パパッとできちゃう!! 低糖質Cooking|一覧
<パパッとできちゃう!! 低糖質Cooking>

編集/宮里知可乃
毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ
「第1649号 2019年3月7日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
比嘉知可乃

これまでに書いた記事:49

新人プランナー(企画・編集)
1990年生まれ、うるま市出身。365日ダイエット中。
真面目な話からくだらない話まで、「読んだ人が誰かに話したくなる情報」
をお届けできるように頑張ります!

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る