株式会社丸海きあら工場長の山川清安さん|有機栽培の月桃コスメ開発|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

企業紹介

2019年1月10日更新

株式会社丸海きあら工場長の山川清安さん|有機栽培の月桃コスメ開発

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.225
月桃液を主成分としたコスメを製造・販売する丸海きあら。開発を一手に担うのが、山川清安工場長(69)だ。「自社で有機栽培した月桃を使い、独自の製法で一切水は使わず、防腐剤や保存料は入れていません」と話す。独学で固液分離機や蒸留器を開発し、特許を取得。次々に新商品を生み出している。

有機栽培の月桃コスメ開発

株式会社丸海きあら
工場長

山川清安さん

独自の技術で特許を取得

Q.50代で会社を設立したそうですね。
A.約30年、5千頭の養豚をしていたんです。20年ほど前に豚の糞尿が問題になり、処理のために固液分離機を開発。それをさらに改良した機械で搾った月桃水の商品化から、すべてが始まりました。会社の設立は、54歳のころです。
当初は農家への販売を予定していたのですが、産業まつりに出展したら、一般の方からの反応が良かった。
商品の特徴は、水を一切使わず濃縮した月桃液をベースにしていること。それができるのは、圧搾、蒸留に特許を取得したオリジナルの機械を使っているからです。月桃には殺菌作用があるため、防腐剤や保存料は使っていません。
月桃水を養豚の臭い対策に体や頭皮にかけたら、毛髪が増加。新聞に取り上げられ、月桃の可能性を実感しました。

Q.独自の製法や技術を、どう開発したのですか。
A.ティーグマー(手先が器用な人)で有名な大宜味村喜如嘉出身で、もともとものづくりは好き。若いころは鉄工所や材木屋、電気関係など、いろいろな仕事を経験しましたが、すべて開発に生きています。特許は現場から生まれたもので、独学です。
開発の種は、「こうやって使えた」「この症状が改善した」という、お客さまの声です。
どうしたら問題が解決できるか考えて、新しいものを作ることが一番楽しい。使った方に「ありがとう」と言ってもらえると、何とも言えない気持ちになります。

Q.どんな商品がありますか。
A.せっけんやローション、マウススプレー、歯磨き粉など、全部で11品。①原料の安全性②機能性③シンプルな成分、にこだわっています。
原料となる月桃は毎年JAS認定を受けて、種から無農薬、有機栽培で育てています。機能性は、大学などとの共同研究で、ピロリ菌やアクネ菌、歯周病菌の殺菌効果、インフルエンザウイルスの不活性化が確認できました。成分はシンプルイズベストで、植物や食材で作っています。安心して使っていただきたい、というのが大前提です。



月桃せっけん(写真中央)と月桃ローション(左から二つ目)が特に人気


マウススプレーをプレゼント!

月桃液と月桃発酵成分が口内環境を整え、お口の健康をサポートするマウススプレー。インフルエンザウイルスの不活性化(感染力や毒性を失わせる)が確認されている。同商品を5人にプレゼント!

住所、氏名、年齢、職業、電話番号、「マウススプレー希望」を書いて、下記のあて先にご応募ください。

あて先
〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2-2-2 タイムスビル10階
タイムス住宅新聞社「週刊ほ~むぷらざ編集部ゆんたくサロン」係
メール:h.home.jht@gmail.com

<問い合わせ>
株式会社丸海きあら
0120‐063‐847


『週刊ほーむぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<225>
第1641号 2019年1月10日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2415

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る