家事代行サービス合同会社SUNJU代表の宇江城雄斗さん|家事代行で負担を軽く|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

企業紹介

2018年10月25日更新

家事代行サービス合同会社SUNJU代表の宇江城雄斗さん|家事代行で負担を軽く

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.216
本島中部で、掃除、料理、洗濯などの家事代行サービスを行う「SUNJU」。代表の宇江城雄斗さん(23)は、「共働きの主婦や高齢者のご家族からの依頼が多いです。家事の負担が軽くなれば、自分の時間や家族との時間が持てる。さまざまなサービスがあるので、ご相談ください」と話す。

家事代行で負担を軽く

家事代行サービス合同会社SUNJU
代表
宇江城雄斗さん



共働き家庭や高齢者に人気

Q.どんなサービスがありますか。
A.料理、掃除全般、洗濯、買い物、ペットの散歩、ゴミ出しなどです。特に人気があるのが料理の作り置きで、1回2時間で6~9品(3食分の主菜、副菜)と、掃除1カ所を行います。水回りの掃除も需要が高いです。ペットや赤ちゃんのいる人も安心できるよう、洗浄力の強い洗剤は使わず、重曹やクエン酸を使ったナチュラルクリーニングで行っています。
料金は、1回の時間と月の利用回数で変わり、2時間のご利用で月1回だと6400円、月8回だと5400円です。初回は、2時間3980円のお試しサービスがあるので、お気軽にご利用ください。

Q.起業のきっかけは。
A.亡き祖父の介護経験です。親やきょうだいが交互に泊まり込んで何とか乗り切ったのですが、家事などは介護保険制度の適応外。困っている人は多いのではと考えました。県内では県外ほど家事代行サービスが普及しておらず、特に中部は少ないことが分かり、制度を補うサービスをしたいと、大学在学中のことし6月に会社を設立しました。
以前は個人でネット販売をしたり、他社の営業代行をしたことも。その経験から、お金を稼ぐだけでなく、仲間と一緒に新たなサービスを作りたい、という思いが強くなりました。この仕事は、直接反応が返ってきて、喜んでもらえる。毎日が面白いですね。

Q.今後の展望は。
A.今後は共働きや一人暮らしが増えることが予測されるため、家事代行のニーズはますます高まると思います。社名のSUNJUは、太陽を示すSUNと、家族を表すヤーニンジュから名づけています。太陽のように、なくてはならない存在になりたい、と考えています。
スタッフは、20代~50代の主婦8人で、「人の役に立ちたい」という思いを共有するメンバーばかり。ご利用いただくお客さまやその家族に満足してもらえる会社を、スタッフと一緒に作り上げていきたいです。

  
高齢者が利用しやすいよう、70歳以上は10%引き


常備菜6~9品 リクエストOK

2時間で6~9品の作り置きと、1カ所の掃除を行うサービスが人気。ダイエットのため糖質オフ、この料理を入れてほしい、などのリクエストにも対応。


<問い合わせ>
家事代行サービスSUNJU
098‐800‐2814


『週刊ほーむぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<216>
第1631号 2018年10月25日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1450

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る