[ペットと暮らす]ものまねタレント 魅川憲一郎さんとミルキーウェイ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

My Style

2018年1月18日更新

[ペットと暮らす]ものまねタレント 魅川憲一郎さんとミルキーウェイ

ペットとわたしの暮らし方「いつもいっしょ。vol.91」
琉球放送「沖縄BON!!」の「オジャマするわよ~」コーナーや、ラジオ沖縄「ありのままでイーノ」のレギュラーをはじめ、CM、歌謡ショーと多忙な魅川さん。愛犬の存在に「癒やされてるわぁ~」と笑顔で話す。


広い芝生の庭があるドッグカフェで愛犬ミルキーウェイとくつろぐ魅川憲一郎さん=浦添市のドッグカフェ「果林」
 

ものまねタレント 魅川憲一郎さんとミルキーウェイ

守り神のような存在

小学生のころから、ずっと犬や猫のいる暮らしだった。5年前に16歳で亡くした先代犬プッチーとの別れがあまりに悲しく、しばらくペットを飼う気になれなかったが、一昨年、インフルエンザで自宅療養中、ネットで見つけた子犬の画像にくぎ付けになった。「いつまでも悲しい気持ちを抱えたままではいけない。前へ進まないと」。

新しい「家族」を迎えようと、掃除や断捨離をして準備を整えた。子犬は20年ぶりで少し心配したが、ミルキーウェイは元気にすくすく成長。留守中にトイレシートを飲み込み、あわやということがあってから、仕事中は父親が愛犬の世話係。「両親・弟も犬好き。2年前に他界した母にも見せてあげられたら、きっと喜んで安心したんじゃないかと思うんだけど…」。もっと早く迎えていればと悔やむ。

「ペットがいると、命に関わることだから責任があるでしょ。気持ちを張って楽しく暮らしているから、心も体も元気になるわね。ミルキーウェイが来てから、新しい仕事や犬つながりの友達ができたり、すごく世界が広がったの。私の守り神みたいな存在ね」。

優しいまなざしを向ける魅川さんに、ミルキーウェイもうれしそうに反応する。そんな2人の姿をプッチーもきっと喜んで見守っているだろう。

 

得意ワザ&ポーZoo


切り株に初乗り​


タオルの引っ張り合いっこが好きなミルキーウェイ。「引っ張り合いっこしよ♪」と自らタオルを持ってきて、魅川さんにせがむ=魅川さん提供


DATA
☆名前
ミルキーウェイ(メス)
ミニチュア・シュナウザー
1歳11カ月
7.5kg。

☆何代目
子どものころから数えて6代目。
☆出合い
代目プッチーが5年前に他界して数日後、段ボールに入れられたプッチーそっくりの子犬を保護する不思議な夢を見た魅川さんは、「もしかしたら」という思いを抱き、引っ越しするときもペット可能物件を選ぶなどしていた。2年前、また犬を飼うことを決めたが人気犬種だったので予約をしてやっと購入することができた。
☆好きな食べ物
リンゴ、レタス、焼き芋。
☆好きな場所
いつも散歩する近所の運動公園
☆苦手なこと
散歩用リードを付けられること。
☆困ったクセ
散歩中はテンションが上がりやすく、枯れ葉や松ぼっくりを見ると口にくわえて走ること。


 

はい!チーZoo


はなちゃん
ご飯が欲しいときは、きれいな黄緑色のおめめで見つめてきます
岸本(糸満市)

■種類・雑種 ■性別・メス ■年齢/7歳
『ペットの写真募集』
携帯電話で撮影した写真は、大きめの画像サイズで。住所、氏名(紙面ではイニシャルか姓だけか匿名か希望を)、連絡先、ペットの名前、種類、オス・メスの性別、年齢、50文字以内のコメントを添えて h.home.jht@gmail.com までメールを。
ライター/赤嶺初美
『週刊ほーむぷらざ』ペット生活。いつもいっしょ<91>
第1591号 2018年1月18日掲載

My Style

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1442

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る