発信! 沖縄の魅力|(株)メガネ一番 専務取締役 宮里智貴さん|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

企業紹介

2017年7月13日更新

発信! 沖縄の魅力|(株)メガネ一番 専務取締役 宮里智貴さん

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.162
8月に創業30周年を迎える(株)メガネ一番(本社・沖縄市)の専務取締役・宮里智貴さん(39)。「お客さま、取引企業、そして社員に伝えたいのが『感謝』の思い。これからも企業としての質を充実させ、社員のスキルアップを図りながら、沖縄を大切にする企業でありたい」。6年前に急逝した創業者で父親の孝さんの遺志を受け継ぎ、現社長の学さんをはじめとする社員全員で「一番」を目指す。

「感謝」の思い強く30周年

(株)メガネ一番 専務取締役 宮里智貴さん|沖縄の魅力

(株)メガネ一番


専務取締役 宮里智貴さん



社員全員でさらに未来へ

Q.30周年を振り返っての感想は。
A.創業当時は9歳。確か、父が店名の候補を挙げて「どれがいいか」と聞かれ、「メガネ一番」と答えたのを思い出します。一号店は沖縄市安慶田。社員3人からスタートし、今では167人、21店舗になりました。
ここまで来られたのは県民の皆さまに支持されたことはもちろん、取引先の企業の皆さまの協力、スタッフのおかげ。全てに感謝しています。その思いを込めて、ロゴデザインも作り、「感謝」の文字を記してあります。

Q.創業からこれまで、企業として心掛けていることは。
A.地元を大切にする地域還元型の企業でありたいということです。子どもたちが参加するプロ野球公式戦始球式を企画したり、試合観戦に招待するなど「子どもの夢」を応援しています。
また、社員研修にも力を入れ、単に商品を提供するだけなく、お客さまにより良い提案をし、満足していただけることを心掛けています。定期的に研修を行い、レンズメーカーの資格・HOYAキャリアグラスエキスパートは109人になりました。


メガネ一番|一号店|沖縄の魅力
沖縄市安慶田にあったメガネ一番の1号店=同社提供


Q.社員が生き生きと働ける環境づくりにも力を入れているようですが。
A.企業の財産は社員です。社長や役員も定期的なエリアミーティングだけでなく、時間を見つけて、各店舗に顔を出し、社員とのコミュニケーションをとっています。また、社員の半数は女性で、仕事と子育ての両立ができるようにしたり、労働環境全体を整備しながらより働きやすく、長く働き続けられるようにしています。

Q.今後の目標は。
A.30周年はあくまでも通過点。まだまだ伸びしろはあると思います。メガネはもちろん、コンタクトレンズ、さらに今後力を入れたいのが補聴器です。そのための社員研修も進め、社員のスキルアップを図りたいと考えています。
厳しい時代もありましたが、それを乗り越えて来たのは父がのこした「社員全員で一番を目指す」という思い。それを実現するため、企業としての中身をより充実させていきます。



(株)メガネ一番|創業30周年記念でセール開催

創業30周年記念でセール開催

メガネ1番各店では30周年記念として、フレームとレンズをセットにした商品の通常価格4,980円が3,980円に(税込み)。現在、各店で開催中。8月31日(木)まで。また、同社では30周年を記念したロゴを作成。「感謝」の文字と、「お客さま、取引業者、社員」の三者が手を取り、ハート型になっている。


<問い合わせ>
(株)メガネ一番
098-934-0110(本社)
http://www.megane1ban.com/


発信!沖縄の魅力「未来をつくる企業」|過去の記事一覧
<過去の記事一覧>
発信!沖縄の魅力 ー未来をつくる企業ー


『週刊ほーむぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<162>
第1565号 2017年7月13日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2542

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る