サンテ・ルージュ オーナー 山下博恵さん|発信!沖縄の魅力|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

企業紹介

2017年3月23日更新

サンテ・ルージュ オーナー 山下博恵さん|発信!沖縄の魅力

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.149
サンテ・ルージュ|オーナー 山下博恵さん

海水温熱で体の変化把握

サンテ・ルージュ オーナーの山下博恵さん|沖縄の魅力

サンテ・ルージュ


オーナー 山下博恵さん

海水温熱とは、海水で蒸したタオルで足裏から順に頭まで全身を温める施術のこと。その海水温熱とリンパドレナージュを融合させた独自の技術で、女性たちの美と健康づくりをサポートする「サンテ・ルージュ」を那覇市で展開する山下博恵さん(52)。病をきっかけに真の健康を模索した末にたどり着いた新たな技術を広め、女性たちの社会参加をサポートしたいと日々まい進中だ。



海水温熱の施術風景。海水で蒸したタオルを使い、足裏から頭まで全身を温めていく


技術者育成し働くを後押し

Q.企業の方針、大切にしていることは?
A.サロン設立のきっかけは、私自身が病気を患い、2度の手術を経験したことで真に健康の大切さに気付かされたことにありました。
健康であることを当たり前だと思っていた20代の頃には想像もしなかったことです。加齢とともに表面化する健康問題を自身の問題としても受け入れ、健康でいるために何が必要なのかを、常に探究し続け、それを多くの女性に発信していくサロンでありたいと願っております。

Q.顧客を受け入れる際に心掛けていることは?
A.女性の体は、ご自身が自覚している以上にデリケートで、日々微妙に変化しています。この微妙な変化を見逃さず、その時々にあった施術とアドバイスを心掛けています。
女性自身も気付きにくい、その微妙な変化を知るのに、海水温熱の施術が重要なカギとなっています。体のどの部位でより強く温熱の熱さを感じたかで、その時々の状態を把握することができるからです。体の冷えや筋肉の張りが強い部位、血液やリンパの流れが悪い箇所ほど熱く感じるという、海水温熱ならではの現象をお客さまにもよく理解してもらい、コミュニケーションをとりながら施術を進めております。それが、お客さまの安心感にもつながっていると思います。

Q.今後の事業展開についてお聞かせください。
A.海水温熱の施術をエステに取り入れて、まだ3年ということもあり、技術者が不足しているというのが現状です。今後は、女性技術者の育成に力を入れ、海水温熱の技術者集団を作るのが目標です。
プロの技術を身につければ、個々の働き方で、それぞれの社会貢献ができると思います。その中心となるサロンとして展開していければと考えています。



 

血液サラサラダイエット21日間コース

同サロンでは現在、健康的にやせたい女性に向けた「血液サラサラダイエット21日間コース」を2万9800円(税別)で実施中。「海水温熱の施術5回に、血液をサラサラにするといわれるパパイン酵素(左)、血管や腸管内で潤滑油の役割が期待できるヘンプオイル(右)をプラスしています」と山下さん。別途3000円でリンパドレナージュも追加。申し込みは2017年3月31日まで。


<問い合わせ先>
サンテ・ルージュ
098-885-2575
沖縄県那覇市真嘉比1-3-13(地図
http://www.santerouge.com/


<過去の記事一覧>
発信!沖縄の魅力 ー未来をつくる企業ー


『週刊ほーむぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<149>
第1549号 2017年3月23日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1527

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る