【特集】おうちでクリスマス|素敵な空間づくり|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

特集

2016年12月1日更新

【特集】おうちでクリスマス|素敵な空間づくり

街明かりが華やかになり、クリスマスももうすぐ! ことしは身近なものとキャンドルで、ムードあるすてきなクリスマス空間を演出してみては。ビタミンキャンドル代表の上原順子さん(42)にキャンドルを使った空間づくりを提案してもらった。

キャンドルで温か&シックに



カラフルなキャンドルを使うと、より楽しい雰囲気になり温かみも増す(多肉植物提供/Puramo)


心身癒やす優しい光

インテリアとして、置いておくだけでも優雅な気持ちになれるキャンドル。クリスマスの時季は、空間づくりのアイテムとしても大活躍。円柱のベーシックなものから、心地よい香りの「アロマキャンドル」まで種類も多彩だ。

上原さんは「炎を見つめているだけで、心が安らぐ経験をした人は多いのでは。キャンドルの火が放つマイナスイオンの効果は森林浴で得られるより高いとも言われ、心身を癒やしてくれる」と話す。優しい光が温かな気持ちにしてくれるだけでなく、落ち着いた雰囲気が料理を一層おいしく感じさせてくれそう。

「テーブルに植物のグリーンや花を添えると華やかさが出てクリスマスにぴったり。キャンドルも植物も暖色系やクリスマスカラーを取り入れると、グッと季節感が増します」とアドバイス。子どもたち向けには、カラフルなキャンドルやランタンなどをプラスすると、楽しい雰囲気になるとも。キャンドルで温か&シックな空間を演出してみては。



リースをテーブルに活用すると、より華やかに
リースをテーブルに活用すると、より華やかに


リースをテーブルに
壁飾り用に使うリースもキャンドルホルダーのあしらいにしてみると、テーブルが華やかさを増す。ランタンを添えると、その優しい光りも相まってより幻想的。足の高い容器に乗せると目を引き、にぎやかな感じに。

 

キャンドルの特徴

①ともすとマイナスイオンが発生
キャンドルに火をともすと微量に水分が出て、同時にマイナスイオンが発生。発生するマイナスイオンの量は、森林浴や滝から発生する量を上回る。おうちに居ながら森林浴気分を味わえる。

②1/f(エフぶんのいち)のゆらぎ
1/fのゆらぎとは人の鼓動や小川のせせらぎ、そよ風や蛍の光という自然の中の癒やしのリズムのこと。人の鼓動も同じリズムを刻むことから、生体に快感を与えるリズムとして知られ、キャンドルの炎のゆらぎを見ていると脳内にアルファ波が発生し、リラックスできる。




テーブルだけでなく、ドアやコーナーまで空間全体を演出

 

空間演出にスグレモノ



大人かわいさUP!
壁やドアなどにガーランドをつるすと楽しい雰囲気に。また、ガーランドに光り輝くクリスマスボールなどをつるし大人かわいい空間に。ボールの高さが違うと動きが出る。




ゆらゆら炎に魅せられ
グラスに水を注ぎ、ティーライトキャンドルなどを浮かせて楽しむと、揺れる炎に癒やされる。グラスの中にハーブやトマトなどクリスマスカラーの植物などを使ってみては。



クーゲル(右)やランタンをつるし空間を有効活用

奥行きは「縦」活用で
縦の空間を活用することで立体的に感じ、室内に奥行きが出る。植物のつるなどで作られたクーゲル(球体)を天井からつるし、つる性の植物をはわせたり、ランタンをつるすなど、季節で変えてみるのもいい。




ドアノブの飾りにも
「ワックス"リース"サシェ」は火をともさず、ドアノブや壁、ツリーなどに掛けるタイプでクリスマスのオーナメントとして活躍。アロマキャンドルになっていて、空間に心地よい香りをただよわせる。



キャンドル設置の際の注意点
・カーテンやじゅうたん、本など燃えやすいものがない場所を選ぶ。
・エアコンや扇風機などの風が当たらない場所に設置を。
・キャンドルの下には耐熱のプレートを敷くようにする。
・ともした後は、瓶やホルダーが熱くなるため十分に冷まして保管する。
・ちょっと部屋を離れるときや就寝の際には必ず火を消すこと。




ビタミンキャンドル代表 上原順子さん|funokianwa

<教えてくれた人>
ビタミンキャンドル代表
上原 順子さん

天然素材のキャンドルの生産・販売をはじめ、気軽にできるキャンドル作りや、ランタン作り体験などを行う。また、「オリジナルのキャンドル作りを楽しみたい」「キャンドル作りを仕事にしたい」という人のために教室も展開している。


沖縄県北谷町宮城1-722 1F(地図
098-989-5325
月・火曜定休
http://vitamincandle.info/


特 集 自宅で満喫 クリスマス
切るだけ、焼くだけ、混ぜるだけ「気軽にホームパーティー!」
 


『週刊ほーむぷらざ』
第1533号 2016年12月1日掲載

特集

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:499

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る