甘い物好き=眠れず太る[宇栄原千春の不調改善ダイエット<3>]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

特集

2016年9月8日更新

甘い物好き=眠れず太る[宇栄原千春の不調改善ダイエット<3>]

宇栄原千春のダイエット相談「私と一緒に最後のダイエットにしませんか?」

甘い物好き=眠れず太る

2、3時間おきに目が覚める

Q.熟睡できず2、3時間おきに目が覚めます。
短眠は太ると聞きましたが、私もそんな気がしています。
(41歳、女性、会社員)


眠りが浅くて、たびたび目覚めるというAさん。体形的にはBMI値24と、さほど太ってはいませんが、体調が悪いのと、おなかぽっこりが気になりカウンセリングを受けられました。
ライフスタイルは「運動はほとんどしない」「事務職でクーラーの効いた環境」「いつも職場にお菓子がある」。
食事は「食事を減らしても甘いものを食べたい」「成長期の子どもに合わせるので肉多め野菜少なめ」。
体調は「頭痛もちで鎮痛剤を常に使用」「立ちくらみやめまいがある」「むくみ・生理痛がある」「朝の疲労感が強い」「空腹感で冷や汗が出ることがある」。
そんなAさんに徹底してもらったのは「3食きちんと食べる」「甘い物は食後のデザートのみ」「おやつを手作りのロースイーツか果物に」「とにかく野菜を増やす」「夜遅くに食べない」こと。甘い物を減らすのはとても辛いとおっしゃっていたのですが、2週間たつころから眠りの質に変化が出始めました。


ビタミンBでエネルギー補充

実はAさん、低血糖症の可能性が高く、その症状で熟睡できないでいたようです。絶え間なしに甘い物を食べる生活を長期間続けてきたことで、血糖の乱高下を繰り返し、夜中に何度も目を覚ましていたのですね。

特に気を付けて取ってもらった栄養素はビタミンB群。エネルギー切れのAさんは、エネルギーを作ってくれるB群がサポートしてくれます。食品で多いのは豚肉。さらにネギやニラ、ニンニクに多く含まれる硫化アリルはビタミンBの吸収率を高めてくれます。オススメは豚肉とニンニク、ニラなどの炒め物や煮物など(写真)。

がんばって食生活の改善を続けたAさん。2カ月後には一度も目覚めることなく6時間の睡眠がとれ、朝の疲労感もなくなり、体重は4kg減と順調に減量されました。Aさんのように朝の疲れや、甘い物がやめられないなど思い当たる方は、実践してみてくださいね。




豚肉にタマネギやニラを合わせた「ヘルシー豚ニラ炒め」

 

食の悩みに答えます!

やせたいあなたの食事の悩みに宇栄原さんが紙面で答えます。掲載は匿名、無料です! 

宛先 〒904‐2234 沖縄県うるま市州崎7‐14
  「不調改善ダイエット」係
FAX 098-934-6677
mail home@jpress.co.jp
  ★氏名
  ★年齢
  ★電話番号を明記




カロリア代表・管理栄養士
宇栄原千春

 


『週刊ほーむぷらざ』宇栄原千春の不調改善ダイエット・第1521号 2016年9月8日掲載

特集

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
徳正美

これまでに書いた記事:33

編集者
美味しいもの大好き!楽しい時間も大好き!“大人の女性が「自分」を存分に謳歌できる”そのために役立つ紙面を皆さんと作っていきたいと思っています。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る