沖縄の未来をつくる企業|当山美容形成外科|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

企業紹介

2016年9月1日更新

沖縄の未来をつくる企業|当山美容形成外科

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.123
当山美容形成外科 副院長・當山拓也さん

乳酸菌サプリ新レーザーも

最先端の美容医療 沖縄に



当山美容形成外科
副院長 當山拓也さん

週刊ほーむぷらざ連載の「ないしょ話」でもおなじみ當山護氏が院長を務め、国内の美容外科業界をリードし続ける当山美容形成外科。その3代目として、ことし4月から診療にあたっているのが副院長の當山拓也さん(41)。
東京医科大学卒業後、再生医療を駆使した幹細胞療法を美容分野で提供するクリニックの立ち上げに関わるなど、第一線で活躍。「経験を生かし、沖縄の女性に最先端の美容医療を提供したい」と意気込む。

Q.現在、どのような治療を行っているのですか?
A.これまで美容外科と言えば手術など外科的治療が中心でしたが、今は治療範囲もニーズも拡大。レーザーや注入物でシミやシワを取る皮膚科的治療や内服・点滴といった内科的治療まで含めた、「美容医療」全般を提供しています。
中でも私たちの強みは、外科的知識と経験があること。例えばシワ取り一つとっても、ヒアルロン酸やボトックスといった注入物で治療できる範ちゅうかどうかが分かる。つまり患者さんにとってベストな治療を、幅広い選択肢の中から提案できるわけです。

Q.東京と沖縄で、美容事情やニーズに違いはありますか?
A.東京に限らず今、求められているのは、劇的に若返る「大きな変化」ではなく「美しく健康に年を重ねる」こと。そのニーズと知識は、沖縄も同じくらい高いと感じています。確かに内気な方が多い印象はありますが、一度心を開いていただければ人懐っこく、美意識も高い。当院はレーザーの種類やメニューの豊富さも東京のクリニックと変わりませんので、沖縄の皆さんに最先端の美容医療をご提供する自信があります。
実は若い頃は、癌の再建手術などの方がダイナミックでやりがいもあると感じていました。でもシミやシワが気になるといった多くの患者さんの話に真摯に耳を傾け適切な治療をすることで、中には私が病院を移るたびに探してこられる方もいるほど喜んでいただけて、本当にありがたい。その信頼に応えるためにも、「単に新しいもの」でなく「良いもの」を吟味し、いち早く提供していきたいですね。

Q.その一つが、オリジナルの乳酸菌サプリなんですね。
A.10年ほど前から研究し、この夏発売したばかりの「当山乳酸菌」で、免疫力を上げ、シワ改善やアレルギーの方の体質改善などが期待できます。今年度中には、立ち仕事の方に多い「下肢静脈瘤」の治療用レーザーも導入する予定。将来的には、美容分野でも期待されている幹細胞療法を、当院からも発信したいですね。



院長(手前左)や治療をサポートする看護師、スタッフとの連携も大切に/写真

 

肌にハリとツヤ! 当山乳酸菌


免疫力を高める乳酸菌サプリ「当山乳酸菌」。その秘密が一錠に6千億個含まれる生きていない乳酸菌「フェカリス菌」。これが腸内細菌を整えることで肌のハリツヤを生み、肥満予防や体質改善をサポートする。副作用がないので子どもから高齢者、妊娠中も安心。写真はパッケージデザイン。
 


当山美容形成外科
098-867-2093
http://www.touyama.com/



<過去の記事>
発信!沖縄の魅力 ー未来をつくる企業ー
 


『週刊ほーむぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<123>
第1520号 2016年9月1日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3099

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る