[企業紹介]介護保険使った住宅改修|介護リフォームmap 代表者の比嘉直臣さん|沖縄の魅力|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

企業紹介

2023年11月9日更新

[企業紹介]介護保険使った住宅改修|介護リフォームmap 代表者の比嘉直臣さん|沖縄の魅力

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.409

企業紹介

タグから記事を探す

「いずれは蓄積したノウハウを公共施設にも生かしたい」と語る、介護リフォームmapの代表者、比嘉直臣さん

「いずれは蓄積したノウハウを公共施設にも生かしたい」と語る、介護リフォームmapの代表者、比嘉直臣さん


1500件の実績 顧客の声傾聴

介護リフォームmap
代表者 比嘉直臣さん


介護保険を利用した住宅改修を専門とする「介護リフォームmap」(浦添市)。1500件以上を改修した経験を生かし、高齢者にとって安全で快適な住環境整備をしている。代表の比嘉直臣さんに詳しい事業内容などを聞いた。


Q 詳しい業務内容は?

A お客さまと相談して必要な改修の提案をし、介護保険の申請書を作成して役所で手続きしてから、工事を行います。私も含めスタッフは高齢者や障害者にとって住みやすい住環境整備のアドバイザーである「福祉住環境コーディネーター」の資格を持っていて、転倒防止・自立支援・介護負担の軽減という考えを基本に提案しています。

工事は主に手すりの取りつけ、段差の解消、引き戸への扉の変更などを行います。介護保険で住宅改修を行う場合、工事費20万円までは1~3割の自己負担額で工事が可能です。20万円の枠は分けて利用することもできるので、先々のことも考えて必要に応じた改修をおすすめしています。


スタッフの仲村かれんさん。社会福祉士や精神保健福祉士の資格も持っている
スタッフの仲村かれんさん。社会福祉士や精神保健福祉士の資格も持っている


Q 業務で心掛けていることは?

 お客さまの話を傾聴すること。会話を通して要望を的確に把握することで、本人や家族も気付いていないニーズに気付くこともあります。また、1500件以上の相談で磨かれた洞察力によって、お宅を訪問して本人にお会いしたら「ここには手すりが必要だな、この段差は危ないな」など、どこにどんな工事が必要かがある程度分かります。

それから住宅改修に関わるケアマネジャー、福祉用具専門相談員、リハビリ担当者である理学療法士や作業療法士と改修案をつめていきます。適切に工事を進めるために、専門職の皆さんとしっかり連携してチームで当たることを心掛けています。

お客さまに提案する際は押しつけにならないよう、本人と家族の自己決定を尊重したスタンスをとっています。



Q 利用者の声は?

 利用者からは、「とても助かっている」、「介護負担の軽減になっている」との声をいただいています。例えば、トイレに手すりを一本つけるだけで家族の介助が必要だった人が1人でも座ったり立ちあがったりできるようになり、家族は見守るだけでよくなって負担軽減につながります。工事の内容は手すりの取り付けが8割です。中には老朽化で家の壁がもろくなっていて設置が難しいこともあります。そんな時はつっぱり棒を利用するなど工夫して家の造りや状態に応じた適切な工事をしています。

これからも高齢化社会を支える原動力の一員となって、お客さまのニーズをしっかり傾聴してサポートしていきます。


 

介護の仕事の経験を生かし

比嘉さんが会社を立ち上げたきっかけは、介護福祉士として介護の現場で働いていた時に、施設で手すりの設置工事を見たこと。比嘉さんは「自分がやりたいことはこれだと直感しました。これまでの知識と経験を生かせるのでは思いました」とふり返る。

介護リフォームmap
浦添市前田1326-2
電話=090-1942-4238

https://kaigoreform-map.jimdosite.com/

↓画像をクリックすると、介護リフォームmapのHPに移動します

関連記事:
[11月11日は介護の日]ストップ!介護離職
[11月11日は介護の日①]在宅勤務とサービスを併用
[11月11日は介護の日②]産業ケアマネらと企業が連携|望まない介護離職防ぐ
[11月11日は介護の日③]知っておきたい!介護休業制度|情報集めて選択肢を増やす
[つらくない介護を]保険外で介護の隙間を埋める


『週刊ほ〜むぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<409>
第1892号 2023年11月9日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4253

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る