「アロマ」で気分転換を|介護の楽ワザ③|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

介護

2021年9月2日更新

「アロマ」で気分転換を|介護の楽ワザ③

家族の介護をしている人が、経験から得た介護のこつや便利な道具、シェアしたい情報を紹介。今回は、気分転換に活用したい「アロマ」です

介護

タグから記事を探す

Bさんの経験談
臭いも気分もスッキリ


排せつの失敗が増えた母。部屋の臭い対策でアロマを取り入れたら、母も私も気持ちが癒やされました。

在宅介護中の母は、病の後遺症による身体障害と高齢による認知機能の低下があり、最近は排せつの失敗も増えました。

そのせいで部屋の臭いが気になるようになったんです。特に天気の悪い日は悪臭がひどくなります。換気や消臭剤で間に合わないときもあります。

知人にアロマを勧められたのでネットで調べてみたら、認知症の改善にもいいとあったので、さっそく、夜はラベンダーを、昼はレモンのアロマをディフューザーで芳香するようにすると母もその香りを気に入ってくれました。

アロマを使い始めてからは、完全にではないけれど、臭いが以前より気にならなくなり、母の部屋に入るときの私の気持ちが楽になっていることに気付いたんです。母も表情が和らぎ、会話の内容やテンポも良くなったと感じています。


 知念さんからアドバイス認知症改善の研究報告も
知念恵さん

アロマを空間のリフレッシュやハンドケアに用いれば、双方の気分転換につながります。

介護で、排せつ、体臭、口臭、寝具などの臭いが気になることがあります。においは感情と記憶に残るので、中には臭いによって介護疲れが増大する人もいます。

空間のリフレッシュにアロマを取り入れると、優しい香りが心身の癒やしにアプローチします。爽やかな香りのペパーミント、ユーカリ、レモンなどがおすすめ。アロマスプレーなら、いつでも気軽に使えて便利です=左囲み参照。

アロマの香りを嗅ぐと、その成分が鼻の粘膜から脳へ0・2秒で到達し、感情や記憶をつかさどるへんとう体や海馬、視床下部などに働き掛け、認知症の改善に影響を与えるという研究報告がされています。夜は心を穏やかにしてリラックスや緊張感を和らげるラベンダーやオレンジ、日中は気持ちを高め、リフレッシュや記憶力、集中力をアップさせるレモンやローズマリーがいいとされ、ディフューザーで芳香浴をしたり、枕カバーに1,2滴垂らしてもOK。アロマ用のペンダント=左囲み=を使えば、胸元で優しく香ります。

アロマハンドケアも介護におすすめです。好きな香りのアロマを介護者が手のひらになじませ、要介護者の手を包み込むように優しく触れます。香りと手のぬくもりが伝わり、双方ともに幸せな気持ちになるホルモンが分泌され、心身の鎮静や気分転換の他、萎縮した関節や筋肉の機能回復、QOLの向上、乾燥によるかゆみや肌トラブル、保湿に役立てられます。

介護にアロマを取り入れる場合、エッセンシャルオイルと呼ばれる安全性の高い、高品質なものを選ぶようにしましょう。また、オレンジやグレープフルーツ、レモンなど、親しみやすく、幅広い年代に好まれる香りを選ぶと高齢者にも受け入れやすいと思います。

介護に取り入れたいアロマグッズ

■アロマペンダント■

認知症改善の研究からも注目されるアロマ。木製のペンダントトップにアロマを垂らして使うアロマペンダント=写真=は、「部屋を移動しても、胸元から優しい香りを感じ、アロマを身にまとうように取り入れることができる」と知念さん。

■アロマスプレー■

材料/200㎖容器の場合
アロマオイル……50滴
(ペパーミント、ユーカリ、レモンなど)
無水エタノール……40㎖
精製水……150㎖
スプレー容器
(アルコール、アロマオイル対応)

【アロマスプレーの作り方】

①スプレー容器に無水エタノール、アロマオイルを入れて、軽く振りながら混ぜる
②精製水を加え、フタを閉めてよく振りながら混ぜる。※なるべく冷暗所で保管し、1カ月程度で使い切る。

アロマ選びのポイント
介護でアロマを取り入れるときは、エッセンシャルオイルと呼ばれる、安全性の高い、高品質のものを選ぶようにしよう。肌に直接塗布するときは、腕の内側に1滴垂らし、30分ほど様子を見るパッチテストをしてから使用した方が安全。


ちねん・めぐみ/Kokoiki(ココイキ)代表、社会福祉法人海邦福祉会事務局長。調香師。アロマを福祉事業に取り入れ活躍中。



 あなたの介護情報をお寄せください 

あなたの介護経験から得た介護のこつや便利な道具、シェアしたい情報をお寄せください。場合によっては取材へのご協力をお願いすることがあります。

那覇市久茂地2-2-2 11階 
「週刊ほ〜むぷらざ 介護の楽ワザ係」まで。
☎︎098・862・1155 
FAX/098・860・6677
メール/h.home.jht@gmail.com

「介護の楽ワザ」記事一覧

取材/赤嶺初美(ライター)
毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1778号 2021年8月2日紙面から掲載」

介護

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4292

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る