[沖縄]生理用品を4千人分配布|県婦人連合会が7月5日から県内各所で|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

美しく

2021年6月24日更新

[沖縄]生理用品を4千人分配布|県婦人連合会が7月5日から県内各所で

生理用品が十分に手に入らない女性を支援するため、沖縄県婦人連合会が中心となって7月5日(月)から生理用品の無償配布を行う。会長の與那覇信子さんに話を聞いた。

生理用品を4千人分配布

県婦人連合会が7月5日から県内各所で
 

 女 性にとって必要不可欠な生理用品。しかし、経済的な理由によって十分な量を購入できずに困っている人がいる。

県婦人連合会会長の與那覇さんは「特に昨年からは、コロナ禍で収入が減った女性たちが影響を受けている。恥ずかしいと思ってしまい、声を上げづらい。女性にとっては食料品と同じくらい必要なもの」と話す。

生理用品の無償配布は7月5日から、沖縄県保健医療福祉財団との共同事業として、ホームセンターさくもとの協力も得ながら県内7カ所以上で配布する=左表参照。対象は生理用品を必要とする女性で、年齢は問わない。1人分24枚の生理用品を準備しており、4300人分が無くなり次第終了。受け取り方法は配布場所の担当者に声をかけるだけ。名前などの個人情報は不要。代理での受け取りもできる。

県婦人連合会の皆さん。中央が與那覇さん

学生の声がきっかけ

「『生理用品が購入できない』『親が買ってくれない』という学生の声を聞いて、この事業の必要性を感じた。生理用品の交換頻度が少ないと、感染症のリスクがあり、妊娠へ影響する可能性も。中にはトイレットペーパーやティッシュペーパーなどで代用している人もいる」と説明。

「全ての女性が安心して学び、働ける社会にしたい。必要な女性は、恥ずかしがらずに受け取りに来てほしい」と呼びかけた。



配布予定の生理用品は1人分24枚

【配布場所】
下記の場所で生理用品を無償配布する。匿名で受け取りが可能。
下記以外の場所はについては県婦人連合会へ問い合わせを。


一般社団法人 沖縄県婦人連合会
☎︎098-884-5333 那覇市大道172 2階
月〜金10〜17時

名護市女性連合会
☎︎090-9786-8285 名護市港2-1-1(名護市社会福祉協議会)
月〜金13〜17時

沖縄市女性連合会
☎︎098-934-0558 沖縄市八重島1-1-1(沖縄市中央公民館内)
月・水・金13〜17時

宜野湾市婦人連合会
☎︎090-8293-9654 宜野湾市野嵩1-1-2(宜野湾市民会館内)
月・水・金14〜17時

浦添市婦人連合会
☎︎098-874-5701 浦添市安波茶2-3-5(ハーモニーセンター2階)
月・水・金13〜17時


那覇市婦人連合会
☎︎098-867-3563 那覇市銘苅2-3-1(なは市民協働プラザ3階)
月・水・金13〜16時


公益社団法人 沖縄県保健医療福祉事業団
☎︎098-879-6311 浦添市沢岻2-23-1(ジスタス浦添5階)
月〜金9〜17時 日10〜17時


 


『週刊ほ〜むぷらざ』第1768号 2021年6月24日掲載
 

美しく

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
比嘉知可乃

これまでに書いた記事:102

新人プランナー(企画・編集)
1990年生まれ、うるま市出身。365日ダイエット中。
真面目な話からくだらない話まで、「読んだ人が誰かに話したくなる情報」
をお届けできるように頑張ります!

TOPへ戻る