[沖縄・ダイエット]糖と脂肪、太るのはどっち?|健康チャレンジ!(14)|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

My Style

2021年5月20日更新

[沖縄・ダイエット]糖と脂肪、太るのはどっち?|健康チャレンジ!(14)

医師の安谷屋徳章さんが、ダイエットにおける、糖質と脂質について話します。
執筆:安谷屋徳章さん

糖と脂肪、太るのはどっち?

最近でこそ、糖質や糖分が体脂肪に変化して太ることが知られていますが、脂質や脂肪分と比べるとどちらがより太るのでしょうか? 答えは、「多く食べれば両方太る」です(笑)。裏を返せば、糖質や糖分を多く取っている人は糖質や糖分を減らし、脂質や脂肪分を多く取っている人は脂質や脂肪分を減らすと痩せます。自分がどの栄養素を取り過ぎているかを考えずに、糖質や脂質を制限すると、あまり効果が出ないことも。また、栄養失調になってしまう可能性もあります。

私のところにダイエットの相談で来院する人は、糖質を1日に300g以上食べていた人がとても多いです。この場合は、糖質を制限するのが効果的。現代は糖質を取り過ぎている人が多いため、糖質を制限すると効果が表れやすいとも言えるのです。

では脂質や脂肪分はどうでしょう。もちろん、脂ぎったものばかりを食べれば太ります。これまでは、脂肪分は高カロリーのため、「カロリー制限」=「脂質制限」のように捉えられてきました。そのおかげもあり、ダイエットをする人は自然に脂っこい食事を避けるようになっているようです。

ダイエットの相談に来る人は、特に女性で顕著なのですが、脂肪分の取り過ぎで太っている人は少ないです。適正体重の人でさえ1日に50g程度の脂質が必要なのに、その半分も取れておらず、脂質をとらなさ過ぎの人が多いです。こうした人が多いこともあり、「糖質制限を先に指示し、脂質制限を後に回す」、または「脂質を多くとるように指示する」ことが多いです。

皆さんも、自分の食事の糖質量と脂質量を比べてみてください。そこに効果的なダイエット方法が隠されているかもしれません。



あだにや・のりあき。糖尿病や生活習慣病の改善を専門とするゆいゆい内科クリニック院長。自身も糖質コントロールで20キロ痩せた。著書に「沖縄の医師が教える糖質コントロール健康法」など


毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ 健康チャレンジ!
「第1763号 2021年5月20日紙面から掲載」

My Style

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2481

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る