[ほ〜むぷらざ便り・見て魅る]サンゴジュエリーを日常に|CORALIA(コーラリア)|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

毎日を楽しく

ビューティー

2020年3月5日更新

[ほ〜むぷらざ便り・見て魅る]サンゴジュエリーを日常に|CORALIA(コーラリア)

3月5日はサンゴの日。ロワジールホテル那覇にある「CORALIA」では深海で育つ天然の宝石サンゴを使ったジュエリーを販売している。スタッフの大城千里さんは、「身に付ける人に寄り添うような優しさや、やわらかさがある」と語る。


白を基調としたロワジールホテル那覇店。日常使いできる手頃な価格のアクセサリーから、贈り物におすすめなジュエリーまで幅広くそろえている


自然が生み出す色合いが魅力

白やピンク、深い赤などさまざまな色がある宝石サンゴ。浅瀬でよく目にする造礁サンゴとは別物で、深海で生息している。天然のものは、一つのサンゴでも部位によって微妙に色が異なり、数十年かけて数センチしか成長しないものもあるという。

ロワジールホテル那覇1階の「CORALIA」では、天然の宝石サンゴを使ったジュエリーを販売。店内には、普段使いできるカジュアルなデザインの商品から、ドレスアップの際にぴったりのフォーマルなものまで、幅広く用意している。

同店の大城千里さんは、「仕事やデートなど、日常のさまざまなシーン(時間)に身につけられる。親から子へ受け継ぐなど『時間(とき)のジュエリー』がコンセプトです」と紹介。「輝きはないけど、その色や艶から優しさややわらかさを感じます。主張し過ぎず、身に付ける人に寄り添ってくれるのが魅力です」。


左からスタッフの大城千里さん、下地綾乃さん、照屋笑理さん

店内には、ネックレスやブレスレットなどアクセサリーを気軽に手作りできるコーナーや、宝石サンゴの生態をパネルで紹介するミュージアムコーナーも設置。大城さんは「魅力を知ってもらうきっかけになれば」と笑顔を見せる。

県内で活動する作家とコラボレーションした商品が並ぶのは「CORALIA」のサンエー浦添西海岸PARCOシティ店。店長の下地綾乃さんは「紅型染めの革のパーツと宝石サンゴを組み合わせたピアスなど、当店でしか購入できない商品もあります。ほかの人と被ることが少なく、自分だけの特別感がありますよ」とにっこり。手頃な価格の商品も多く、サンゴを使ったアロマキャンドルなど雑貨も人気のようだ。

宝石サンゴの加工を担当する與那嶺卓磨さんは「日本で採れる数少ない宝石の一つ。資源管理のため、使用する道具や漁の方法に制限がある」と説明。「色が付くはっきりとした理由は分かっていないが、自然が生み出す色合いは神秘的。50年・100年と、長い年月をかけて成長するため、とても貴重」と目を輝かす。

現在は両店舗でイベントを開催中。特別商品の販売や、割引を実施している。3人は「ぜひ足を運んでもらい、宝石サンゴの魅力を知ってほしい」と声を弾ませた。オンラインショップでも購入可能。

自社で制作している「スフィアシリーズ」や「クプルシリーズ」のネックレスやピアスなど

サンエー浦添西海岸PARCOシティ店
 
県内のセレクトショップとのコラボ商品や、サンゴブランドKAWAMURAの商品

宝石サンゴの加工を行う與那嶺卓磨さん。磨いて艶をだすなどの加工がある


 2020年3月31日まで  サンゴフェア2店舗で開催中!
CORALIAの2店舗では、3月5日(サンゴの日)にちなんだ「サンゴフェア」を開催中。数量限定の特別商品を販売するほか、割引価格で販売する商品も多数そろえている。期間は3月31日(火)まで。
ロワジールホテル那覇店では、5千、1万、3万、5万円の4種類の玉手箱を販売する企画も実施。5万円の玉手箱には、15万円相当の赤サンゴのネックレスとピアス(またはイヤリング)が選べるなど、お得な企画だ。また、「ほ~むぷらざを見た」と声をかけるとノベルティをプレゼントしている。 

ロワジールホテル那覇店
098-862-1135

サンエー浦添西海岸PARCO CITY店
098‐943‐5500

ホームページ
https://coralia.jp/

インスタグラム
https://www.instagram.com/coraliajp/



『週刊ほ〜むぷらざ』ほ〜むぷらざ便り 見て魅る
第1701号 2020年3月5日掲載

ビューティー

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2164

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る