[沖縄をあそぼう!]本へ誘うこだわり空間|10月27日から読書週間!|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

アンケート&プレゼント

毎日を楽しく

体験・遊ぶ

2017年10月26日更新

[沖縄をあそぼう!]本へ誘うこだわり空間|10月27日から読書週間!

秋は読書に最適な季節! 10月27日から読書週間が始まります。今回は本と親しめるスポットに注目。ひと休みしながら読書が楽しめるブックカフェ、海が見える図書館、県内で開催されているブックイベントを紹介します。

あすから読書週間!

本へ誘うこだわり空間

ゆったり読書ができるよう席の間が広くとられている
名護市

AETHER[あいてーる]

琉球古民家で「運命の1冊」に
名護市に今年7月にオープンしたばかりのブックカフェAETHER(あいてーる)。2年前に移住してきたオーナー夫妻が「人と人をつなげるコミュニティー作りをしたい」と開店した。コンセプトは「運命図書館」。自分の運命を変えた1冊「運命本」が日本各地から寄贈され、寄贈者からのメッセージも書かれている。フードは手作りにこだわり、調味料も無添加のものを使用。カレーやシフォンケーキはどれも手間暇かけ愛情を感じられる一品だ。そのほか、随時イベントなども開催。運命の1冊を見つけに、ドライブがてら出かけみてはいかが?


セメント瓦の古民家をリノベーション

じっくり煮込んだ島カレー800円、シフォンケーキ350円、アイスカフェオレ490円も一緒に
AETHER・西尾友宏さん
店長・西尾友宏さん


AETHER[あいてーる]
沖縄県名護市宮里3-12-14(地図
0980-43-9093
11時30分~19時LO
木曜、第1・3水曜定休
P6台




蔵書は約3000冊。好きな本を探して読書を楽しもう
西原町

book cafe´ブッキッシュ[ブックカフェブッキッシュ]

蔵書3000冊にフードも充実 高台カフェ
浦添市前田から西原町へ移転し3年目を迎えるブッキッシュ。「本になじみのない人にもカフェ感覚で来てもらい本に触れてもらえれば」と話すのはオーナーの多田さん。「うちはお客さんが作っていった本棚」と話す店内には、絵本から雑誌までさまざまな寄贈本も並ぶ。現在は、買い取りのほか、新刊、中古本の販売も行っている。フードメニューは自家栽培の野菜や果物も使い、パスタやホットサンドなど種類も豊富。アイスやケーキなどもすべてお店で手作り。11月22日から5日間、沖縄市で「浮島書店inコザ」を開催予定。詳細は公式ブログで更新予定。


小腹が空いたら、ドラゴンフルーツがたっぷり入ったドラゴンジョッキ大700円(左)、甘く煮た小豆がのった抹茶ワッフル350円(右)もどうぞ


book cafe´ブッキッシュ[ブックカフェブッキッシュ]
沖縄県西原町棚原83-1-2F(地図
098-944-2706
火~土曜12時~21時(日曜は~18時)
月曜定休
P12台




窓際のカウンター席で東シナ海を見ながら読書を楽しもう
恩納村

恩納村文化情報センター

海が間近!カフェみたいな図書館
公立図書館としては珍しく、景色を楽しむことができる恩納村文化情報センター。通常、利用者カードは地域住民だけしか作ることができないが、ここでは観光客など誰でもカードが作れ、本を借りることができるのが特徴。3階の海の見渡せる展望室や図書情報フロアのテラス席では飲食も可能だ。館内には本の紹介コーナーも多数配置され、年間で100テーマほどのコーナーが設置される。立地を生かした「海辺のナイトシネマ」などイベントも開催。読書講演会もあり11月4日に作家の原田マハさんが講演する。


1階の観光情報フロアではオリジナルの観光マップが無料で作成できる

下/外観。恩納村博物館が隣接
恩納村文化情報センター・呉屋美奈子さん
主査・呉屋美奈子さん


恩納村文化情報センター
沖縄県恩納村仲泊1656-8(地図
098-982-5432
10時~19時(観光情報フロアは~18時)
土・日曜、祝日は10時~17時
月曜、祝日の翌日、図書フロアのみ第3木曜定休、その他休みあり
P80台




芸術関係の貴重な書籍や写真集など一見の価値あり
那覇市

古書の店 言事堂(ことことどう)

芸術書が集まる古民家古書店
築40年以上になる2階建ての民家を利用した、どこか懐かしさ漂う古書店。店内には所狭しと書籍が陳列され、そのほとんどが芸術書の古書や新刊書で約2000冊以上あるという。店主の宮城未来さんは、かつてギャラリーや美術展の企画を行っているうちに沖縄に美術・芸術書の専門店がないことに気付き、2007年に同店をオープンさせた。芸大に通う学生や美術関連の仕事をしている人の他、掘り出し物を求めてふらりと訪れる人も多いという。


浮島通りから一歩奥に入った所に位置している
古書の店 言事堂・宮城未来さん
店主・宮城未来さん


古書の店 言事堂[ことことどう]
沖縄県那覇市松尾2-21-1(地図
098-864-0315
11時~18時(土・日曜は~19時)
日・月曜
Pなし



 

「ブックパーリ―OKINAWA2017」11月5日まで

本の楽しさを共有する「ブックパーリ―」が各所で開催中だ。ここでは楽しくためになるイベントを紹介。詳細は言事堂へ。

「かつてここには町の本屋さんがあった~なつかし写真展」
金武町立図書館/10月29日(日)まで。入場無料
県立図書館/11月1日(水)~13日(月)。入場無料

「沖映通りえきまえ一箱古本市」
美栄橋駅前/10月28日(土)11時~16時 雨天の場合翌日に順延

まぼろし県産本「王さまのねこ」展覧会 〜スイちゃんの首里 めぐり~
言事堂/10月17日(火)~28日(土)11時~18時 入場無料

第9回としょかんまつりin沖縄県立図書館
県立図書館/11月4日(土)9時~17時 入場無料(要予約イベントあり)

※他にも多数開催、詳細はHP参照。
bookpartynaha.blogspot.jp/


取材/取材・水上実穂、伊東一洋(トラベローグ)
『週刊ほーむぷらざ』沖縄をあそぼう(18)
第1580号 2017年10月26日掲載

体験・遊ぶ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1382

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る