[ビオスの丘]ビオスの丘 スケッチウィーク2017「輝く動植物を活写」|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

毎日を楽しく

体験・遊ぶ

2017年7月20日更新

[ビオスの丘]ビオスの丘 スケッチウィーク2017「輝く動植物を活写」

アートのトピックス・沖縄県うるま市にある「ビオスの丘」では、今年も園内の動植物や風景画を描く「スケッチウイーク2017」を開催する。期間は2017年7月22日(土)から2017年8月13日(日)まで。2015年は487人、16年は597人と参加人数も年々増えている。

ビオスの丘 スケッチウィーク2017|funokinawa news

輝く動植物を活写

0歳~大人まで写生通して自然に触れる
ビオスの丘 スケッチウィーク2017

うるま市にある「ビオスの丘」では、今年も園内の動植物や風景画を描く「スケッチウイーク2017」を開催する。期間は2017年7月22日(土)から2017年8月13日(日)まで。2015年は487人、16年は597人と参加人数も年々増えている。同施設職員の山口行孝さんは「今年も多くの方に、スケッチを通して園内の美しい風景を楽しんでもらえたら」と話した。
子ども(0歳)から大人まで、すべての年代が対象。年齢や学年で分け、それぞれから入賞作品が選ばれる。入賞作品は後日園内で展示し、一般公開される。
またスケッチウイーク参加者は特別料金で入園できる。3歳まで無料、4歳~小学生は100円、中学生以上300円、同伴の保護者1人まで300円となっている。
画用紙は申し込み時に配布。写生用具は持参すること。作品提出者全員に参加賞が贈られるほか、各賞受賞者には賞状と副賞が贈呈される。
山口さんは「7月中はハスの花などもきれいに咲いているのでオススメ。画用紙は白を残さず、最後まできちんと色を塗ると迫力が出ますよ」とアドバイスした。詳細については、同園まで問い合わせを。

ビオスの丘 スケッチウィーク2017|スケッチ
ビオスの丘 スケッチウィーク2017|funokinawa
毎回参加者が真剣にスケッチしている様子が見られる。同イベントの主催はビオスの丘、共催は(株)タイムス住宅新聞社、協賛はぺんてる(株)、FMうるま。


ビオスの丘
098-965-3400
沖縄県うるま市石川嘉手苅961-30(地図
http://www.bios-hill.co.jp/


週刊ほーむぷらざ「アートのトピックス」
第1566号 2017年7月20日に掲載

体験・遊ぶ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1761

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る