[梅雨に楽しむ沖縄]一夜限りのサガリバナ|名護市真喜屋|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

毎日を楽しく

体験・遊ぶ

2017年5月25日更新

[梅雨に楽しむ沖縄]一夜限りのサガリバナ|名護市真喜屋

梅雨に入り、晴れ間が恋しい季節になりました。天気が悪いと外出するのをためらいがちですが、蓮やアジサイ、夜にしか咲かないサガリバナなど、この時期ならでは花々を見に出かけてみましょう。美しい花を眺め気分転換するのもおすすめです。

幻の花 サガリバナ

夕方に開花し早朝には散ってしまうため「幻の花」とも称されるサガリバナ。水辺に咲くことからサワフジとも呼ばれ、香りが強いことから舞香花(モーカバナ)とも。
名護市真喜屋では水路沿いにサガリバナが咲き、そのうちの1本は樹齢約150年以上、樹高は約6メートルあり国内最大級。名護市の文化財に指定されている。6月下旬ごろに開花予定。
個人宅を開放し夜にはライトアップもされることから、有数のサガリバナの見どころとして知られている。

甘い香りを放ち垂れ下がった花序(かじょ)が独特(写真はイメージ)

こんな花も咲いています

*イジュ

5~6月にツバキに似た小さな白い花をつける。名護市世冨慶の国道329号沿いなど、主にやんばるで見ることができる。

*月桃

沖縄ではサンニンとも呼ばれ、5~6月に花を付ける。垂れた花序、白く分厚い花弁が特徴。県内各地で見ることができる。


【真喜屋の舞香花】
名護市真喜屋の地図リンク

  • 午後6時頃~午後10時頃
  • 200円/期間中無休
  • 駐車場周辺可


[梅雨こそ楽しむ花めぐり]

 


取材/伊東一洋(トラベローグ)
『週刊ほーむぷらざ』沖縄をあそぼう(14)
第1558号 2017年5月25日掲載

体験・遊ぶ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1761

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る