ビオスの丘スケッチウィーク2023|自然豊かな園内を描く|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

体験・遊ぶ

2023年9月7日更新

ビオスの丘スケッチウィーク2023|自然豊かな園内を描く

ビオスの丘(うるま市)は、自然豊かな園内で楽しく絵を描いてもらおうと、7月15日~8月6日「ビオスの丘スケッチウィーク2023」を開いた(主催・ビオスの丘、共催・(株)タイムス住宅新聞社、協賛・ぺんてる(株)、(株)FMうるま、特定非営利活動法人OSI研究会、後援・うるま市教育委員会ほか)。スケッチウィークは1999年から毎年開いている。台風6号で1週間休園したものの、今年は218点の応募があった。

ビオスの丘スケッチウィーク2023

ビオスの丘(うるま市)は、自然豊かな園内で楽しく絵を描いてもらおうと、7月15日~8月6日「ビオスの丘スケッチウィーク2023」を開いた(主催・ビオスの丘、共催・(株)タイムス住宅新聞社、協賛・ぺんてる(株)、(株)FMうるま、特定非営利活動法人OSI研究会、後援・うるま市教育委員会ほか)。スケッチウィークは1999年から毎年開いている。台風6号で1週間休園したものの、今年は218点の応募があった。

審査員でアーティストのSYOUTAさんは「臨場感があり、想像がふくらむ作品が多くて引き込まれた。感性があふれる小さな子から技術力のある一般の人まで、全体的にレベルが高かった」と総評した。

イラストレーターの安里淳子さんは「受賞作品はテーマがはっきりしていて、しっかり観察して描かれていた。その年代にしか描けない絵があり、それぞれの作品が魅力的だった」と述べた。

入賞作品は9月30日(土)まで、ビオスの丘にあるガーデンセンターで展示される。


優秀賞・各賞の受賞者を紹介する(敬称略)。


優秀賞受賞者(順不同)

0~3歳
新垣 諭元(南城市)


4~6歳
なかそね はるひ(沖縄市)


1年生
まつかわ まゆ(うるま市)


2年生
たまき にこ(南城市)


3年生
勝連 紗英(糸満市)


4年生
照屋 仁依子(那覇市)


5年生
具志 朝灯(南風原町)


6年生
奈良﨑 俊介(うるま市)


タイムス住宅新聞社賞
那須 朋子(北谷町)


OSI研究会理事長賞
仲程 幸代(西原町)


FMうるま賞
松川 友和(うるま市)


受賞者一覧(賞別、順不同)
優良賞
岸本星花(那覇市)
ぐしひかり(南風原町)
勝連紘那(糸満市)
仲程ここな(西原町)
宮城龍(うるま市)
仲里知桜(うるま市)
照屋依芽(那覇市)
岸本覇琥(那覇市)

ビオス賞
新川千都世(西原町)
新川夏海(西原町)
伊波正憲(うるま市)
岡村釆音(浦添市)
岡村奏来(浦添市)
勝連圭子(糸満市)
玉城美星(宜野湾市)
津江静香(うるま市)
山城明子(うるま市)
山本美智(西原町)

入選
大嶺樹李(うるま市)
すながわいと(西原町)
渡慶次海七斗(うるま市)
みやぎひめか(うるま市)
やましろそら(うるま市)
あらかわかいどう(うるま市)
金城美柚(うるま市)
髙良祐成(那覇市)
たまきもこ(南城市)
町田涼(読谷村)
大嶺杏樹(うるま市)
知念蘭(うるま市)
渡慶次美月(うるま市)
本多さゆ(沖縄市)
まえかどりのか(南風原町)
伊波凱翔(うるま市)
さくもときいと(うるま市)
島袋いづも(うるま市)
那須太一(北谷町)
薮内陽向(うるま市)
岸本りる(那覇市)
仲里歩(南風原町)
仲宗根わか(うるま市)
まちだみお(読谷村)
石原希依(うるま市)
金城諒祐(うるま市)
重田大輝(浦添市)
仲宗根帆音(沖縄市)
宮城玲煌(うるま市)
重田晃輔(浦添市)
髙良圭祐(那覇市)
仲程いつき(西原町)
平川愛実(うるま市)
おめでとうございます!


「週刊ほ〜むぷらざ」ビオスの丘スケッチウィーク2023
第1883号 2023年9月7日に掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4177

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る