[タイ深発見]週末や夜に開かれる市場〈18〉|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

旅行

2022年12月15日更新

[タイ深発見]週末や夜に開かれる市場〈18〉

文・写真 大森優華
タイ国政府観光庁福岡事務所の大森優華さんが、タイについて紹介します。今回は、個性豊かで色鮮やかなタイの市場を取り上げます。

週末や夜に開かれる市場

ワディーカ‼︎ 市場って聞くとちょっとワクワクしますよね。

まず紹介するのは、「チャトチャック・ウィークエンド・マーケット」。週末に開かれるバンコク最大の公設市場です。

1982年に設立され、敷地は衣類、インテリア、ペット、骨董品、古本、中古品、ガーデニング、飲食など八つのゾーンに分かれ、1万5千軒以上の露店が軒を連ねています。交通の便もよく、高架鉄道の駅から徒歩5分、または地下鉄駅直結で初めての方でも訪れやすいです。

タイの定番土産である象柄のパンツや派手なTシャツはもちろん、マグネット、食器、象の置物、民族衣装、美術品、生活雑貨などいろいろなものを取り扱っています。お土産だけでなく日用品もあるので、タイ人も多く訪れ、コロナ前は毎週末20~30万人が訪れるほどのにぎわいでした。

近くにはタイ農業協同組合が運営するオートーコー市場があり、タイ各地のよりすぐりの生産物が買えます。季節の野菜や果物なども並び、沖縄の公設市場のような存在です。

 

水上マーケット

次に紹介するのは、バンコクから車で1時間半南下したサムットソンクラーム県にある「アンパワー水上マーケット」。古い伝統家屋や長屋が残り、地元住民も昔ながらの水上生活を続けていて、古き良き時代のタイを求める若い層から支持を集めています。

全長約500㍍のアンパワー運河の両側には土産物屋や海鮮料理店、フルーツの屋台、コーヒーショップなどが立ち並びます。水上マーケットが始まるのは、週末の午後3時から。日が暮れると屋台がオレンジ色に包まれていく景色は美しく、温かな空間が広がります。

このマーケットでは、夕方からホタル観賞ツアーが催されます。小舟に乗って運河を抜けると、メークローン川があります。そこにマングローブの一種であるランブーの木が生息していて、この木の蜜を求めてホタルが飛来するのです。日本では見られない種類のホタルで、ほぼ1年中見られます。仲間の光に呼応して同時に点滅し、クリスマスイルミネーションのような幻想的な光を放ちます。

近くに線路脇のメークローン鉄道市場やダムヌン・サドゥアック水上マーケットもあるので、エリア全体を回るのもおすすめです。マーケット内には、新鮮なフルーツを使ったジュースやスムージー、アイスキャンディーのお店も多いので、暑さ対策をして散策を楽しんでください。


チャトチャック・ウィークエンド・マーケットの看板チャトチャック・ウィークエンド・マーケットの看板

同市場で販売されている食器
同市場で販売されている食器

午後3時から開くアンパワー水上マーケット
午後3時から開くアンパワー水上マーケット


 列車すれすれ鉄道市場 
メークローン鉄道市場

タイには、さまざまな市場があります。テレビや雑誌などで取り上げられ、動画や写真映えすると人気の「メークローン鉄道市場」=写真。線路脇に生鮮食品などの商店が軒を連ね、列車の通過時間になったら線路にはみ出した部分をパタパタと畳み、すれすれの距離を通過する列車を見ることができます。

また、夜になると現れ、料理やお土産品の店が立ち並ぶ「ナイトマーケット」では、新鮮な果物や野菜、カレーペーストなどが販売され、タイの食卓を支える「ローカル市場」もあります。
 

タイ国政府観光庁のHPでは、さまざまなタイの情報や写真を公開しています。下記のURLからアクセスを。
https://r.qrqrq.com/pcwgsd1d


 LET'S TRY! ひとことタイ語
タイ語を覚えてみよう! 

市場・マーケット=タラート
ホタル=ヒンホイ


◆タイ国政府観光庁 福岡事務所

092(260)9308 メール info@tatfuk.com
公式サイトは「タイ」で検索!
タイ国政府観光庁のインスタグラムなど 公式SNSでは毎日タイの情報をお届け中!
 

大森優華さん
 執筆者 
おおもり・ゆか
タイ国政府観光庁福岡事務所 マーケティングオフィサー

「タイのガイドブックダウンドロードできます!」

https://r.qrqrq.com/vGc3f3vd


「タイ深発見」のバックナンバーはこちらから。
『週刊ほ〜むぷらざ』タイ深発見<18>
第1845号 2022年12月15日掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4292

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る