[沖縄・映画館へ行こう!]夜明けまでバス停で|日本社会の危惧すべき現状描く|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

毎日を楽しく

最新映画情報

2022年11月24日更新

[沖縄・映画館へ行こう!]夜明けまでバス停で|日本社会の危惧すべき現状描く

[fun okinawa・エンタメ情報]桜坂劇場から、新作映画をピックアップして紹介。
★2022年11月26日(土)より桜坂劇場で公開

最新映画情報

タグから記事を探す

夜明けまでバス停で[沖縄・映画館へ行こう!]



夜明けまでバス停で

日本社会の危惧すべき現状描く

高橋伴明監督が板谷由夏を主演に迎え、バス停で寝泊まりするホームレスにならざるを得なかった女性を主人公に、社会的孤立を描いたドラマ。

昼間はアトリエで自作アクセサリーを販売し、夜は焼き鳥屋で住み込みのパートとして働く北林三知子。しかし、突然訪れたコロナ禍で、仕事も住む家も失ってしまう。新しい仕事は見つからず、ファミレスや漫画喫茶も閉店。行き場をなくした彼女がたどり着いたのは、街灯の下にポツリとたたずむバス停だった。

誰にも弱みを見せられずにホームレスとなった三知子は、公園で古参ホームレスのバクダンと出会うが…。

ある日誰にでも起こりうる、日本の社会の危惧すべき現状を映し出している。



2022年/日本/91分/監督:高橋伴明/出演:板谷由夏、大西礼芳、三浦貴大、柄本明 ほか


桜坂劇場
[info]
フランス・トゥールーズを拠点とするミュージシャン、ファネルの音楽と、スペイン・カタルーニャの映像作家、ジョアン・トマスのコラボレーションでお送りする“The Thin Place(ザ・シン・プレイス)”を、11月28日(月)に上演する。
<問い合わせ>
桜坂劇場
電話098(860)9555

funokinawa エンタメ最新映画情報


『週刊ほ〜むぷらざ』エンタメ・映画情報
第1842号 2022年11月24日掲載

最新映画情報

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4287

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る