日頃から目標定め健康になる知恵を|心も体も健康にアーユルヴェーダ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

毎日を楽しく

ビューティー

2021年1月7日更新

日頃から目標定め健康になる知恵を|心も体も健康にアーユルヴェーダ

5千年の歴史があるインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を知念伽央梨さん(i-PLANA代表)が紹介します。今回は、私の目標についてです。

自分いたわり心豊かに


明けましておめでとうございます。昨年は「アーユルヴェーダ」の連載をお読みいただき、また、アーユルヴェーダ講座やトリートメントをご利用いただき誠にありがとうございました。

みなさまは今年はどのような年にしたいでしょうか。

私は日頃から「体」「行動」「心」を健やかに保つための目標を定めています。

まず、「体」は早寝早起き、消化力に合った食事の量、適度な運動を続けるよう気をつけており、体の状態によって温・冷の食材や飲み物を取るようにしています。二つ目の「行動」は自分だけに得があるのではなく、社会にとって貢献できるような活動を心がけています。三つ目の「心」はアーユルヴェーダの教えである「嘘(うそ)」「人の悪口」「陰口」を言わないことを心がけています。

「口は災いのもと」と言いますが「言葉」は人を傷つけたり喜ばせたりします。人を不愉快にしたり他人の失敗を喜んだりすると、その当人に病がくるとアーユルヴェーダは言うのです。

師であるクリシュナU・Kから学んだことに瞑(めい)想(そう)の最初には必ず「命ある全ての生き物が幸福になりますように」と願いを込めるということがあります。

昨年はさまざまなことがあり、私たちは翻(ほん)弄(ろう)されてしまいましたが、「今年は全ての方が自分で自分を大切にし、心豊かな年になりますように」と願っています。

今年は、健康になる知恵を一つでも多く手に入れていただきたいと思います。アーユルヴェーダは「幸せに生きる知恵や方法」がたくさん詰まった宝箱のようなもの。

これからもみなさまにアーユルヴェーダの知恵をお伝えしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。
 

琉球漆器を使い、見た目も鮮やかなお節料理。アーユルヴェーダでは食事を儀式と捉え、器にもこだわり感謝の気持ちを込めて食するという教えがある。写真の料理は知念さんが手掛け、丁寧に盛りつけた


インフォメーション
「アーユルヴェーダトリートメント新春キャンペーン」
ピンダスェーダ(薬草orおかゆのハーブボール) 2万5000円→1万円(税別)

※個人に合わせたトリートメントを実施。体質、現状によりハーブボールの中身が変わります。

《内容》全身トリートメント後に薬草やミルクで炊いたお米にハーブを混ぜたスパパティヤオリジナルのハーブボールで体に熱を移し、発汗。関節の痛みや筋肉疲労、浮腫(むくみ)などを緩和が期待できます。肌のキメを整え、美肌へと導きます。
 


スパパティヤ、オリジナルのハーブボール​


体に優しいターメリックやシナモン、クミンなどのハーブ類




株式会社 i-PLANA
代表 知念伽央梨さん
・米国補完医療大学AUCM、グジャラートアーユルヴェーダ提携 Ayur Vedic Medicine Practitioner
・日本アーユルヴェーダヘルスカウンセラー


i-PLANA(アイプラーナ)
080-6495-6549
メール/iplana.ayurveda@gmail.com

心も体も健康にアーユルヴェーダ


毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1744号 2021年1月7日紙面から掲載」

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2360

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る