日焼けやシミが気になります。日焼け止めは使った方が良いですか?|はじめての美容医療①|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2024年4月25日更新

日焼けやシミが気になります。日焼け止めは使った方が良いですか?|はじめての美容医療①

当山拓也氏(とうやまたくや)  当山美容形成外科 院長
美容医療に関する疑問、質問、あなたのお悩みにお応えします。


日焼けやシミが気になります。
日焼け止めは使った方が良いですか?


 紫外線はなぜ怖い?

A 紫外線にはUVAやUVBと言われる皮膚に悪影響を及ぼす波長が含まれています。これらの波長は皮膚のDNAにも影響を及ぼすことが知られています。そのため長時間紫外線を浴びることでシミやシワの原因になるだけでなく、皮膚がんの原因にもなります。



Q 日焼け止めはなぜ必要?

A 日焼けとは、皮膚が軽い炎症を起こした状態です。長時間、日焼け止めを塗らずに直射日光にあたると、皮膚はやけどを起こしたのと同じ状態になります。皮膚が弱い人は水疱が出来たり、皮膚がむけたりすることもあります。



Q 日焼けすると、なぜシミが出来る?

A 皮膚の中にはメラニン細胞という細胞がいます。メラニン細胞は人間の体に有害なUVAやUVBが体内に入らないようブロックしてくれます。メラニン細胞が刺激されるとメラニン顆粒というカスを排出します。このメラニン顆粒が蓄積することでシミになるわけです。



Q 日焼け止めを使う際の注意点を教えて!

A 1年以上前の古い日焼け止めは使わないようにしましょう。また塗る際は皮膚をこすらないことが大切。なるべく皮膚に乗せるように使用してください。頬やあご、鼻などの突出した部分は2度塗りするようにしましょう。可能であれば3時間おきに塗り直すのがオススメです。



Q 日焼けをしたら、どうすれば良い?

A 皮膚の炎症を抑えるため、まずは冷やすことが肝心。日焼け後は皮膚のバリア機能が弱ってしまうため保湿をする必要があります。水分を多めにとり、回復を助けるビタミンCもとるように心がけましょう。アルコールやカフェインの摂取は利尿効果を促進するので、控えるようにしましょう。



 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
あなたのお悩み募集中!
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

美容医療に関する疑問、質問、あなたのお悩みをお寄せください。宛先は下記URLか住所まで

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdHg2STUzd8h7mnwF6pRGTgyMD_JMLz5b10hIGeGnu_vLXG_Q/viewform

〒900-0015
沖縄県那覇市久茂地2丁目2番2号 タイムスビル11階
週刊ほ〜むぷらざ はじめての美容医療係




教えてくれたのは
当山拓也 氏(とうやまたくや)
当山美容形成外科 院長


『週刊ほ〜むぷらざ』はじめての美容医療
第1916号 2024年4月25日掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4292

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る