【ビューティー】心も体も健康に沖縄アーユルヴェーダ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2022年6月2日更新

【ビューティー】心も体も健康に沖縄アーユルヴェーダ

5千年の歴史があるインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を知念伽央梨さん(i-PLANA代表)が紹介します。今回は、アーユルヴェーダ的「梅雨時季の過ごし方」です。

梅雨の時季は体冷えやすく用心

飲食で体温を調整

早いものでもう6月。1年の折り返し地点を迎えました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。アーユルヴェーダでは、梅雨時季は雨で体が冷えやすくなると考え、白湯を飲み、ショウガやこしょうを使った料理、肉のスープをいただくようにして温かく過ごすことを勧めています。

しかし、沖縄は夏のような日も時折ありますので、気温によって調整が必要ですね。ちなみに暑さを感じるときは、湯冷ましがおすすめ。

この時季は湿度により家の中がジメジメするので湿気がこもらない工夫をしましょう。床に布団を敷いて寝ている方はできるだけ布団の湿り気を取り去る工夫を。床は清潔な布で拭き掃除を行いましょう。

衣服はサラッとした軽さのある綿や絹などの自然素材を。化学繊維ならレーヨンも良いでしょう。涼しい印象を与える白色など薄い色を着ることで、出会う方が爽やかな気持ちになるよう配慮するのがアーユルヴェーダの勧める暮らし方の一つです。



次々と開花している知念さん宅の庭に植えられたアジサイ。雨により植物は生き生きし、美しさを増し、眺めているだけで心を癒やされているという

抵抗力や体力低下も

スニーカーは雨で中がぬれてしまった場合、よく洗い、干すこと。または、靴専用の乾燥機にかけたり、新聞紙を詰めるなどしてしっかり乾かしましょう。この時季は、雑菌が増えやすく傷口から侵入すると危険です。雨水に泥などが混ざり、汚れた水に体が触れた後はしっかり洗うことが大切です。抵抗力が低下しやすい季節ですから思わぬ皮膚のトラブルや体調不良を起こす可能性もあるので要注意です。

また、体力が低下しやすいとも考えられているので日々、運動をしている方は今の時季から夏、秋の初めまでの運動は少々、控えめに。無理をすると疲労が増し、体調を崩してしまう可能性も。日ごろから運動不足だという方は適度に行いましょう。体力を半分ほど使ったサインは額、鼻の頭、ワキ、手足にうっすら汗をかくことですので目安にされてください。

 



インフォメーション

◆冷えた体に沖縄スパイス!
★県産100%のヒハツモドキ粉末
10g380円、20g750円(税込み)
ピリッと辛い県産のスパイス、ピィパーズで若返りを目指そう!


◆ペアーレ沖縄タピック
アーユルヴェーダ3回講座
「夏の過ごし方」※季節の朝食付き
8月6日、13日(ヨガ実践)、27日の各土曜日(13時~15時)
受講料4500円、教材費3000円

夏は1年で最も消化力が低下しやすい季節。暑さに負けない夏のアーユルヴェーダセルフケアで心と体の若さを保ちましょう。

《ご予約・お問い合わせ》
ペアーレ沖縄タピック  電話098・934・6111

施術や商品の問い合わせは、下記のi-PLANAまで

問い合わせ先 i-PLANA(アイプラーナ)
090-1946-9030
電話受付時間 9時〜20時

オンラインショップ▼
http://iplana.shop-pro.jp/




株式会社 i-PLANA
代表 知念伽央梨
・米国補完医療大学AUCM、グジャラートアーユルヴェーダ提携 Ayur Vedic Medicine Practitioner
・日本アーユルヴェーダヘルスカウンセラー


i-PLANA(アイプラーナ)
ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート2F
恩納村冨着1550-1
電話098(964)1808

アイプラーナ北中城店
北中城村美崎111-4
電話090(1946)9030

メール/iplana.ayurveda@gmail.com

心も体も健康にアーユルヴェーダ


毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1817号 2022年 6月2日紙面から掲載」

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3109

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る