【ビューティー】心も体も健康に沖縄アーユルヴェーダ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2022年2月3日更新

【ビューティー】心も体も健康に沖縄アーユルヴェーダ

5千年の歴史があるインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を知念伽央梨さん(i-PLANA代表)が紹介します。今回は、アーユルヴェーダ的「冷え対策」です。

県産スパイスで体ポカポカに!

「ヒハツモドキ」を活用

南国沖縄もムーチービーサのあたりは風が冷たく寒かったですね。みなさん体調はいかがでしょうか。私は冷え対策として、100度まで熱して自然に冷ましたゴマ油を使ってマッサージするセルフアビヤンガを行っていました。ゴマ油は温性の性質があり、体に塗るとポカポカ温まるので冬におすすめ。食事はバランス良く取り、運動を行うことで体の熱を生み、寒さに負けずに過ごせると思います。

血流を促し、末端まで温まるといわれる植物「ヒハツモドキ」を食事やお茶、お菓子に取り入れることもお忘れなく。八重山では石垣に自生し、沖縄そばに振りかけていただいていますね。

和名を「長コショウ」、英語では「ロングペッパー」と言います。産地により「ピィパーチ」「ピィパーズ」などと呼ばれますね。「ヒハツ」はインド長コショウで、沖縄で自生・栽培されているのはジャワ長コショウ「ヒハツモドキ」です。ヒハツとヒハツモドキは原産地は違えど、極めて効能は似ているといわれています。

「ヒハツモドキ」。実が熟すると赤色に変色する

1日0・6~1グラム摂取

アーユルヴェーダではヒハツは優れたスパイスの中の一つとされています。強壮・強精作用、皮膚や呼吸器系、糖尿病、腹部膨満、便秘、リウマチなどに効果が期待され、脳の働きを良くすると考えられています。血管壁を強化することからアンチエイジング、美肌も期待できます。

コショウ科、ツル性で濃い緑色の葉が窓を覆うと日を遮り、地球温暖化防止策として壁面緑化活動にも一役買っている話題の植物です。ヒハツモドキの有効成分はピペリン。最近の分析では実が熟し始めの時に100グラム中、3700ミリグラムのピペリンがヒハツモドキに含まれることが分かりました。この値は他のブラックペッパーやヒハツよりも多いと言われています。

また、血流が悪くなり毛細血管が消える、毛細血管のゴースト化に歯止めをかけ、シミやシワ、たるみの改善が期待できるとの研究結果も。香りはシナモンに似ていて、少しピリッと辛味がありますが、後味は甘味のある不思議な植物です。

使用は1日に0・6~1グラムを目安に。私はコショウのように料理に振りかけたり、中身汁、沖縄そば、ナントゥンス、白湯やコーヒーに入れたりしています。工夫をして県産スパイスで手軽に温活を楽しみましょう。
 



インフォメーション

◆アビヤンガ(施術時間110分)
通常25800円→9800円(税込み)※2月末まで
〈内容〉〉カウンセリングにて体質チェックをした後、ヘッドマッサージ、全身のアビヤンガ・オイルマッサージ、ハーバルスチームバスにて発汗。
 


◆シロダーラ(施術時間110分)
通常25800円→9800円(税込み)
 

◆冷えた体に沖縄スパイス!

★県産100%のヒハツモドキ粉末
10g380円、20g750円(税込み)


◆おうちでアーユルヴェーダ
「舌磨き」1320円
「ガルシャナ手袋」1100円
「タマヌオイル」3900円
「ハーブティー(ニーブイ草でリラックス・良い眠りへ)」1650円


保湿性が高く、老化肌や乾燥肌におすすめの「タマヌオイル」


舌の上を滑らせるように動かして使う銅製の「舌磨き」

施術や商品の問い合わせは、
下記のi-PLANAまで


問い合わせ先 i-PLANA(アイプラーナ)
090-1946-9030
電話受付時間 9時〜20時

オンラインショップ▼
http://iplana.shop-pro.jp/




株式会社 i-PLANA
代表 知念伽央梨
・米国補完医療大学AUCM、グジャラートアーユルヴェーダ提携 Ayur Vedic Medicine Practitioner
・日本アーユルヴェーダヘルスカウンセラー


i-PLANA(アイプラーナ)
ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート2F
恩納村冨着1550-1
電話098(964)1808

アイプラーナ北中城店
北中城村美崎111-4
電話090(1946)9030

メール/iplana.ayurveda@gmail.com

心も体も健康にアーユルヴェーダ


毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1800号 2022年2月3日紙面から掲載」

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3043

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る