「冷え」は美肌の大敵|美makeup|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2021年1月28日更新

「冷え」は美肌の大敵|美makeup

[美makeup]執筆/平良芽依美(資生堂ジャパン(株)沖縄オフィス) 

2021年がスタートし、早くも1カ月がたとうとしています。沖縄も本格的な寒さを感じるようになり、冷え性の人にとっては特につらい時季ですよね。実は、体が冷えると、肌にも影響があることをご存じですか? 体全体の代謝や血行が悪くなることで、栄養が肌へ行き渡りづらくなります。栄養不足になった肌は、本来の働きが低下。くすみや目の周りのくま、シミやたるみにもつながる可能性があります。

美肌の大敵にもなる“冷え”対策として、体を内側から温める「温活」をしてみませんか。血行促進に役立つ、お手入れのアイテムや、毎日続けやすい簡単なエクササイズをご紹介します。


フェースマッサージで肌の温活

寒さでしぼみがちな肌におすすめなのが、フェースマッサージ。血行促進や新陳代謝を高め、肌を良好に保ってくれるマッサージを行い、肌の温活をしてはいかがでしょう。摩擦から肌を守りつつ、美容成分を肌に届けてくれる「マッサージクリーム」を使用するのがポイント。時間は1回3~5分を目安に、目の周りや頬、額などを優しくマッサージしましょう。

「マッサージをするのは時間がなくて難しい…」という人でも取り入れやすいのが、保温効果のある「ナイトクリーム」です。夜、化粧水や乳液などで肌を整えた後、お手入れの最後に重ねるだけで肌を密封し、皮膚の温度をキープしてくれます。肌が温まった状態で眠ることで、寝ている間の肌の生まれ変わりを促進し、つややかな肌に導いてくれますよ。

「朝のお手入れでもしっかり温活したい!」という人は、炭酸が入った「導入美容液」をチェックしてみましょう。炭酸のマッサージ効果で、肌をほぐしながら血行を促進することができます。


簡単エクササイズ

体全体を温めるには、第二の心臓とも呼ばれているふくらはぎのエクササイズ=左囲み=を行うことが効果的です。ふくらはぎの筋肉を刺激することで、血行が良くなり、体の中で熱が生まれやすくなります。

このエクササイズは脚をまっすぐ伸ばすことが重要なので、腰の高さまで脚を上げるのがきつい場合は床の近くまででもOK。無理のない程度にトライしてみましょう。体全体が温まることで肌への血の巡りもよくなりますよ。簡単なので、仕事や家時間の合間に取り入れてみてください。

毎日の入浴や、足だけお湯につける足浴も「温活」のひとつです。まずは体を冷やさないことを意識して、できることから始めてみませんか。冷えから体を守り、寒い季節もイキイキと血色感のある美肌を手に入れましょう。



座ってできる! 簡単エクササイズ


1.いすに浅めに座り、両手はいすの縁に。息を吐きながらおなかをへこませ、体幹を意識して姿勢を整える。






2.片脚をまっすぐ前に伸ばす。きつい場合は両手で脚をつかんだ状態でもOK。背中が丸まらないように注意する。




3.息を吸いながらつま先を伸ばし、息を吐きながら、かかとを押し出してつま先を立てる。リズミカルに動作を繰り返して8回で1セットを目安に行い、もう片方の脚も同様に行う。慣れたら2セットにトライを。
 



メーク、お肌の疑問・お悩みをお寄せください。プロが答えます!

「週刊ほ~むぷらざメーク」係

 


『週刊ほ〜むぷらざ』美makeup
第1747号 2021年1月28日掲載 毎月第4週に掲載

ビューティー

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2415

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る