睡眠というセルフケア|仲眞愛鈴のコラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

仲眞愛鈴

2018年1月17日更新

睡眠というセルフケア|仲眞愛鈴のコラム

女性専門鍼灸サロン紅陽庵の鍼灸師 仲眞愛鈴さんのfunokinawaコラム[vol.09]

明けましておめでとうございます。
年末年始はいかがお過ごしでしたか?
普段はお仕事が休めなくても、年末年始は家でのんびりしたり、たまの休みを利用して暴飲暴食に夜更かしと・・・
普段とは違った生活で、正月休み明けの仕事や学校に行くことに気が重い人も多かったはず。

毎日の生活の中で、大事なんだけど疎かにされているものの一つに睡眠があります。

もし、何か大事な仕事ややらなければいけないことがあると、削られるのが睡眠時間ではないですか?
私も学生時代は、テストの前日に切羽詰まったように勉強する一夜漬けタイプ。
朝早く起きて勉強する方が効率いいことは分かっているけど、ついつい夜遅くまで勉強してました。



今の現代人は、睡眠不足や睡眠障害の人が多く、寝れないのでお薬を飲んで寝ていますという方も多くいます。
睡眠不足が続き、しっかり睡眠が取れていないと、カラダへどのような影響が出てくるかというと、ストレスの増加、体重増加、認知機能の障害(忘れっぽくなる)、イライラや怒りっぽくなる、血圧の上昇、心臓病や腎臓病などの慢性疾患のリスクが上がったり。
現代人が抱えているカラダの悩みを引き起こしているのは、睡眠不足が関わっていることが分かります。
また、睡眠不足は自律神経が乱れる原因になり、ホルモンバランスも崩します。
男女ともにホルモンバランスを崩すと、不妊の原因にもなりますので、睡眠をしっかりとることは妊活にも繋がります。
睡眠が大事だと言われているのは、寝ている時間にカラダの「細胞の修復」や「疲労回復」、また「カラダの調整」をしてくれていると私は考えています。
眠りに入った2~3時間後に成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは、成長の促進だけでなく、細胞の修復や疲労回復、また肌=皮膚や内臓の細胞を新しいものへ入れ替えるターンオーバーにも効果があります。
22時~2時の時間は「シンデレラタイム」と呼ばれ、この時間帯にしっかり睡眠を取ることで、お肌がきれいになり、またカラダも痩せやすくなると言われていましたが、一番大事なことは、眠りに入った2~3時間後の「ゴールデンタイム」にどれだけ質のいい睡眠を取れているのかが重要です。

寝不足は、美容やダイエットの大敵。

しっかり睡眠を取り、美肌と代謝のいいカラダを手に入れましょう。



よく腰痛がひどい方は、寝るのが辛いと言います。
それは、腰痛がひどい人ほど寝てるときに動かない、寝返りをしていないからです。
腰痛の人は、寝返りが少なく同じ姿勢で寝ていることが多いため、一方に負担が掛かり寝起きも動き出すまでに時間が掛かったり、ひどい時は、しびれて動けない人も多いはず。

一方で、子供はくるくる動き回りすごい寝相ですよね。

それは、寝ている間に無意識にカラダを動かしカラダを調整しているのです。

寝るときの姿勢は無意識に自分自身が楽な体勢になるので、もしベッドが狭いと感じているのであれば少し広いところで寝たり、マットレスが柔らかく沈みやすいものであれば寝返りを打ちやすい少し固めのものを選んだり、摩擦の少ないパジャマを選んでみるもの、質のいい睡眠を取る方法です。

腰痛がひどく睡眠不足になっている方は、ぜひご自身の睡眠環境の見直すきっかけにしてください。



眠る前のパソコンやスマホを控える理由の一つは、パソコンやスマホのバックライトとして使われている「LED」に多く含まれるブルーライト。

悪者に思われているブルーライトは、自然界の7色の光のうちの一つである「青い光」のことで、太陽の光にも含まれている必要な光なんですが、ブルーライトは最もエネルギーが強く、眼精疲労を招くと同時に覚醒効果があるため、人工的なブルーライトを夜に浴びると眼が冴えて眠れなくなってしまうため、至近距離での長時間の使用を控えた方がいい理由です。

逆に、日中は「目を覚めさせる」ことは必要な作用なので、朝日を浴び青空を見て自然のブルーライトを目に入れることで、脳が活性化し元気に働き、夜は自然のブルーライトが少しずつ減少することで睡眠へ誘われる効果がありますので、最近外に出て太陽の光を浴びていないなと思う方は、積極的に太陽の光を浴びてみて下さい。



寝るのが当たり前だけど、当たり前に寝れないカラダになってきている。

そんなカラダが出しているサインを見逃さず、寝ることもセルフケアの一つなので、しっかり寝れるカラダと寝れる環境を整えるように意識してみて下さいね。






女性専門鍼灸サロン紅陽庵の鍼灸師 仲眞愛鈴さんのコラム
仲眞愛鈴さんのコラム一覧

仲眞愛鈴

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
仲眞愛鈴

これまでに書いた記事:13

妊活鍼灸師
沖縄県中頭郡中城村出身。大阪で鍼灸師の資格を取得。大阪、東京、沖縄の治療院・病院などで約3万6千人を施術。女性特有のホルモンバランス、自律神経の調整、鍼灸での妊活施術を専門に「あなたに寄り添う、やさしい鍼灸」をポリシーとして、2014年宜野湾市伊佐で妊活鍼灸サロン紅陽庵をオープン。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る