「春の出費」は予測して準備|女性のイマドキ!マネー術[12]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

わたしらしく

My Style

2020年3月12日更新

「春の出費」は予測して準備|女性のイマドキ!マネー術[12]

文・岡田有里(ファイナンシャルプランナー)

「特別費」に負けない貯蓄力

「春は急な出費が多くて…」と感じていますか? 請求書を見る度にドキドキしますか?「YES」と答えた方は「貯金が増えない症候群」の可能性が大です。

放置すると“急な出費”に振り回される年月が長くなると貯蓄が増えないので、豊かな未来が描けません。そこで、今回は急な出費に別れを告げ、貯金増加を安定させるテクニックをご紹介しましょう。


税金・車検・新学期準備
急な出費の多くは予測可能


春に多い「急な出費」の多くは予測可能、準備可能な出費です。固定資産税(3、5、7、12月)、卒入祝い・新学期準備(3~4月)、車の車検・保険(4月が多い)、車の税金(5月)は同時期に毎年発生します。これらを年に1回の「特別費」として予測して準備すると貯金が増え始める喜びを実感できるようになります。

そのために2ステップでできる簡単な対策法をご紹介しましょう。

◆ステップ①:項目と金額の確認
春の出費を表①を参考に項目ごとの金額を書き出します。この時、2年ごとの車検は1年分、家電は10年サイクルで買い替える想定で1年分を書き入れます。
例えばわが家では10年に1度の割合でクーラー2台、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、パソコン2台の買い替えに約80万円かかると想定し、1年分の8万円を月割りで積み立てています。


◆ステップ②:積み立て計画を立てる
まずは特別費の年間合計金額とそれを12カ月で割った積み立て月額を計算します。表①は筆者の特別出費リストですが、把握している項目分だけで79万円もありました! 積み立て計画を毎月6.6万円、または月額4万円+夏冬ボーナス各15.5万円で立て、専用の銀行口座に貯めると、特別費用対策が完成します。
表①の右側に、ご自身の数字を書き込んで計算してください。これで突然家電が壊れたり、春の出費が続いても慌てず対応できる上、貯金が増えない症候群に悩むこともなくなるでしょう。


特別費は確実に使うお金
取り置きと貯蓄は違う


特別費の貯金はいわゆる貯金ではなく、確実に使うお金の取り置きです。「貯金しているのにお金が貯まらない」という人は特別費の取り置きを貯金と勘違いしている場合が多いです。

2020年は始まったばかりなので、今後は年間特別費と貯金を別々に管理して貯金の残高が増える喜びを実感してください。




おかだ・ゆり/ファイナンシャルアライアンス(株)沖縄支店所属。外資系企業を経て沖縄へ。女性のマネー知識の底上げをライフワークに活動
 

『週刊ほ〜むぷらざ』女性のイマドキ!マネー術
第1702号 2020年3月12日掲載

My Style

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2214

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る