(株)琉球うりずん物産副社長の謝花恵子さん|那覇にアンテナショップ開設|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

わたしらしく

企業紹介

2020年2月27日更新

(株)琉球うりずん物産副社長の謝花恵子さん|那覇にアンテナショップ開設

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.282
じーまーみ豆腐や豆腐ようを製造・販売している(株)琉球うりずん物産が、那覇市松山にアンテナショップをオープンした。同社の謝花恵子副社長(58)は「創業47年ですが、県外向けや土産物での出荷が多く、これまで県内ではあまり知られていませんでした。地元のみなさんに、じーまーみ豆腐や豆腐ようのおいしさ、食べ方を知ってほしい」と話す。

那覇にアンテナショップ開設

(株)琉球うりずん物産
副社長
謝花恵子さん



じーまーみ豆腐 豆腐ようを製造

Q.アンテナショップが雑貨店のようにオシャレですね。
A.気軽に入れるお店にしたかったんです。自社製品だけでなく、県内で生産されている手作りのお菓子やはちみつ、雑貨や絵なども取り扱っています。いろいろなものとの出合いを楽しんでいただけるとうれしいです。
これまで展示会などで、ご購入いただいたお客さまに「お店はどこにありますか?」と聞かれることが多かったので、ゆっくりゆんたくできるアンテナショップをオープンしました。
周囲に個性的なお店もあり、歩いて楽しめる場所です。ぜひ遊びに来てください。

Q.どんな商品を作っていますか。
A.「うりずんの豆腐よう」や「スモーク豆腐よう」、「じーまーみ豆腐」を製造、販売しています。豆腐ようは、沖縄豆腐を泡盛(酒精)の入った塩麹に長時間漬け込んで発酵・熟成させた発酵食品で風味豊か。泡盛と一緒に少しずつ食べるイメージが強いですが、チーズの代わりにいろいろな料理に使えます。豆腐ようを薫製したスモーク豆腐ようは、より濃厚です。じーまーみ豆腐は、モチモチの食感で香ばしく、スッキリとした味わいが特徴です。

Q.それぞれ、お薦めの食べ方があるのだとか。
A.豆腐ようは、黒こしょうをかけたり、クラッカーと合わせるとワインのおつまみにぴったり。パスタやお肉のソースにしてもいいですよ。
スモーク豆腐ようは、ポテトサラダに入れたり、サンドイッチに入れると、薫製の風味が加わり豊かな味わいになります。
じーまーみ豆腐は、はちみつをかけるとデザートに。トマトと合わせてオリーブオイルをかけてカプレーゼ風にしてもおいしい。
いろいろな食べ方を楽しんでいただきたいです。


白を基調にしたオシャレな店内


じーまーみ豆腐の手作りキット

同社はじーまーみ豆腐の手作りキットを発売中。キットには県産落花生の生豆、タピオカでんぷん、こし布、たれ、レシピが入っている。「家で作るとおいしいし、工程も楽しい。定番のタレ以外に、粗塩で食べるのもお薦めです」と謝花さん。1500円(直営店価格、税込み)。

★同キットを2人にプレゼント! 店舗で引き取り。応募はこちらから。「豆腐希望」と記載。


<予約・問い合わせ>
株式会社琉球うりずん物産 アンテナショップ
098-897-3767 ※訪れる前に要連絡


『週刊ほ〜むぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<282>
第1700号 2020年2月27日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2214

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る