注目の島桑でダイエット・パフェ|「だいこんの花」コラボ企画・おとなの食育[6]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

わたしらしく

毎日レシピ

2019年9月19日更新

注目の島桑でダイエット・パフェ|「だいこんの花」コラボ企画・おとなの食育[6]

文・写真/堀基子(野菜ソムリエプロ)

果物&野菜スイーツ!

ダイエット中でも、つい気になるスイーツ。糖質や脂質のとり過ぎが太る原因と分かっていても、食べたくなりますよね。そんなときは果物がおすすめです。果物に含まれる果糖もとり過ぎには注意が必要ですが、その糖質量は市販の菓子類よりはるかに低いのです。しかも、色素成分やポリフェノールなど抗酸化力にすぐれた機能性成分、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれていますから、お菓子をつまむより、ずっと健康的です。


糖質量にご用心!

また、砂糖とともに小麦粉や米などを含むお菓子は糖質量が高くなります。そこで活用したいのが寒天です。テングサなどの海藻を原料とする寒天は、その80%以上が食物繊維で、水溶性と不溶性のダブル食物繊維を含み、しかもカロリーゼロ! 上白糖よりもGI値(食後血糖値の上昇度を示す指標)の低い、はちみつ、テンサイ糖などを使ったり、カロリーゼロの自然派甘味料ラカントなどに置き換えてもOKです。

さらに、注目したい食材が桑の葉です。沖縄在来の島桑は、急激な血糖値の上昇を抑えるDNJという成分や食物繊維を豊富に含んでいます。「てだ桑茶」の名前で市販されている、浦添産の島桑の葉の乾燥パウダーは、抹茶感覚で使えて便利です。

今回は、低糖質の果物+寒天+ラカント+島桑で、ダイエット中でもおすすめのヘルシーなパフェを作ってみました。
 
食品100グラムあたりの糖質量


島桑の葉&寒天のW食物繊維×糖質控え目キウイ&ブルーベリー

カラダの中からキレイになる、ダイエット中でも安心して楽しめる食材を集めて作りました!


『ダイエット・パフェ』 寒天は沸騰後2分煮るだけ!

●材料(10人分)
島桑寒天(粉寒天4g、水500ml、ラカント大さじ3、てだ桑茶小さじ2)、豆乳寒天(粉寒天4g、水100ml、豆乳400ml、ラカント大さじ3)、キウイ(緑・黄色)各2個、ブルーベリー40粒

●作り方
①鍋に粉寒天4gと水500mlを入れて火にかけ、よく混ぜ溶かし、沸騰したら中火で2分間煮て弱火にし、ラカントを加えてよく混ぜ溶かし、てだ桑茶を加えて泡立て器でよく混ぜ、火を止め、耐熱ガラスの器に注いで冷ます。
②鍋に粉寒天4gと水100mlを入れて火にかけ、よく混ぜ溶かし、沸騰したら中火で2分間煮て弱火にし、ラカントを加えてよく混ぜ溶かし、室温にした豆乳を加えてよく混ぜて火を止め、固まった①の上に注いで冷ます。
③キウイは皮をむき、縦半分に切り、できるだけ薄く半円状にスライスし、5枚を少しずつずらして並べて端から巻いて花のように成形し、②の上に飾り、ブルーベリーをのせる。


ついでにもう1品!
電子レンジでOK!『ダイエット・コンポート』

トウガン500gを1.5センチの角切りにし、ラカント大さじ5をまぶし、耐熱皿にのせ、ラップをかけて電子レンジ(強)で5~6分、半透明になるまで加熱する。粗熱が取れたらシークヮーサー果汁大さじ5を加え混ぜ、食品用密封袋に入れて空気を抜き、冷蔵庫へ。シークヮーサーやクコの実を飾って。



ほり・もとこ
野菜ソムリエプロ、受験フードマイスター、アスリートフードマイスター3級、ベジフルビューティセルフアドバイザー、アンチエイジングプランナーほか。第6回・第8回野菜ソムリエアワードにて銀賞受賞。沖縄野菜プロジェクト協同組合理事。


◆2019年9月29日(日)コラボ企画開催
上の記事で紹介した内容が実際に学べる「おとなの食育講座『罪悪感なし! 果物&野菜スイーツ』」を9月29日(日)、沖縄市美里の「だいこんの花美里店」で開催。ミニ料理教室のほか、堀さんが-15キロを達成したダイエットの秘訣も紹介します!

・日時/9月29日(日)10時~
・場所/だいこんの花 美里店
・参加費/3000円(税別)。ランチブッフェ付き
・申し込み締め切りは9月28日(土)15時。前日よりキャンセル料が発生します。
・申し込みは「だいこんの花 美里店」098‐929‐3133。またはこちらから!

『週刊ほ〜むぷらざ』おとなの食育
第1677号 2019年9月19日掲載

毎日レシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1720

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る