[うちのこ自慢]エコル&エリマ&エヒクとBOWさん|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

わたしらしく

My Style

2019年8月8日更新

[うちのこ自慢]エコル&エリマ&エヒクとBOWさん

[うちのこ自慢 vol.5]
南城市でカラカウア・アート&デザインのアトリエショップとゲストハウス「ワン ワン ワン」を営むアーティストのBOWさん。愛犬たちが看板娘として接客で大活躍。「触れ合いで親交も深まる」と笑顔で話す。


近くにある海での散歩が大好きという(左から)エコル、エリマ、エヒク=カラカウア・アート&デザイン(南城市)
 

看板娘は3姉妹

ダルメシアンのエリマ、エコル、エヒクはいずれも4歳の3姉妹。いつも、アーティストのBOW(ボウ)さんこと島澤喜芳さんのアトリエショップで過ごしている。

BOWさんは同敷地の隣でゲストハウスも営んでおり、来客が多い。人が大好きな3匹は、車の音や人の気配を感じると耳をピンと立て、立ち上がって尻尾をフリフリ。コテージに出て「いらっしゃーい」と大歓迎する。犬に慣れていない人の場合は、OKの許可が出るまでゲージに入ってスタンバイ。

「看板娘として最も接客が上手なのはエコル。初対面で抱っこされてもおとなしく、されるがまま。ある程度、触れ合ったら『もうよろしいですか?』って顔をしてゲージの中に入っちゃう」とBOWさんが笑う。

姉妹でも性格はバラバラ。エリマは慎重派で人見知りなところもあるが、仲良くなるとすごくフレンドリー。エヒクは抱っこされたり、人と触れ合うのが大好きだが、ちょっとおてんば。よく見ると黒ぶち模様もそれぞれ個性的。並んだ3匹を見ているだけで楽しくなってくる。ペット歴はずっとダルメシアンと言うBOWさん。「複数飼いがいい」の言葉もうなずける。

ショップに並ぶ品からも、愛犬への愛情が伝わる。「わが子のような存在。大事な家族」。笑顔は幸せに満ちあふれていた。
 

くつろぎ&ご主人と

BOWさんが着用している愛犬の柄でデザインしたゲストハウスのTシャツは、宿泊客も作成できる体験メニューにしている
 


自宅ベッドの上でくつろぐ3匹姉妹。SNSに写真を投稿したら「たくさんの反響があった」と喜ぶ


myペット


コロ助(種類・雑種)
甘えん坊で寝ているときでも遊んで~っとおもちゃを運んできます♪ かわいい顔に癒やされ、疲れ知らずです。
新垣健太(宜野湾市)


『ペットの写真募集』
携帯電話で撮影した写真は、大きめの画像サイズで。住所、氏名(紙面ではイニシャルか姓だけか匿名か希望を)、連絡先、ペットの名前、種類、オス・メスの性別、年齢、50文字以内のコメントを添えて h.home.jht@gmail.com までメールを。


取材/赤嶺初美(ライター)
『週刊ほ〜むぷらざ』うちのこ自慢<5>
第1671号 2019年8月8日掲載

My Style

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1727

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る