食事やおやつにサンド&ベーグル|G・W企画|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

わたしらしく

特集

2019年4月25日更新

食事やおやつにサンド&ベーグル|G・W企画

ゴールデンウイークはもう目の前。お出かけ時の食事やおやつに、サンドイッチやベーグルはいかが。テークアウトも可能なおすすめの店舗を紹介。要チェックだ!

サンド&ベーグルでお出かけ!



「おいしいパン屋さんが知りたい!」との読者の声に応えて、今週は編集部オススメのパン屋さんを紹介! 手軽に食べられ、味もボリュームもGood。テークアウトもできる店舗をピックアップ。外出時のお供にどうぞ。




一番人気で、昨年の「那覇めしグランプリ」で金賞を取った「究極…! 塩パンで玉子サンド」(785円)

金賞の玉子サンド 厚切りでふわふわ
ビストロムトウ(那覇市泉崎)

「ビストロムトウ」の自慢は「玉子サンド」。那覇の名物料理となりうるアイデア料理を競う「わったー那覇めしグランプリ」で昨年、金賞に輝いた「究極…! 塩パンで玉子サンド」が人気だ。ふわふわの卵に生クリームでほんのり甘味を加え、塩パンでサンド。パンは厚切りで食べ応え十分。今年の那覇めしグランプリで銅賞を取った「究極…! 塩パンでトリプルチーズハムサンド」は、3種のチーズにアグーのハムを使った一品。チーズのまろやかさとハムのあんばいがグッド。店主の山本三夫さんは「玉子サンドを中心にリピーターも増えています。一度は味わって」と話した。


「究極…! 塩パンでトリプルチーズハムサンド」(885円)も人気で、友人同士でシェアして味わう客が多い


スープ(250円)や飲み物(280円)もある。飲み物の容器にはスタッフによる手書きのメッセージも

[店舗情報]
沖縄県那覇市泉崎1-20-6 OPA2F(219)(地図
098‐960‐9153
10時~21時 
※店内にはイートインスペースがあるのはもちろん、テークアウトも可能





宜野座産のイチゴを使った「フルーツメロンパン」(880円)。ホワイトクリームをチョコクリームにすることもでき、半分をホワイトクリーム、もう半分をチョコクリームにすることもできる

クリームたっぷり フルーツサンド
Mokupuni(モクプニ、本部町瀬底)

メロンパン専門店の「Mokupuni」。人気は県産のイチゴが挟まれた「フルーツメロンパン」。外はサクサク、中はふんわりに仕立てられたメロンパンに生クリームとイチゴが挟まれている。たっぷり入ったクリームは甘さ控えめで、イチゴの酸味とのバランスも絶妙。イチゴのサンドはGWまでの期間限定。暑くなるこれからの時期はアイスクリームをサンドした「アイスクリームメロンパン」(740円)も好評。フルーツをトッピングすることもできる。定番の「メロンパン」(230円)も人気。7月にはバナナやマンゴーを使ったサンドも登場する。


県産フルーツを使った自家製酵素ジュース(各490円)もある。左からストロベリー、タンカン、ドラゴンフルーツ


長方形のかわいらしい外観。手前には、3台分の駐車スペースがある

[店舗情報]
沖縄県本部町瀬底72-1(地図
0980‐43‐6726
11時30分~18時
火・水曜日定休
※テークアウト専門だが、外にはテーブル席も用意されており、休みながら気軽に飲食できる





手前のフィリーサンドは長さ27センチのフルサイズで1300円(ハーフ700円、3分の1が600円)。中央はクラブハウスサンドのハーフ(900円)、奥はサーモンサンドのハーフ(800円)。女性ならハーフでお腹いっぱい

牛肉&チーズで食べ応え満点!
Stickywich(スティッキーウィッチ、宜野湾市新城)

あふれんばかりのスライス牛肉&とろけるチーズがインパクト大! そこに玉ネギとパプリカを合わせた、ジューシーな米国フィラデルフィアスタイルのサンドイッチ「フィリーサンド」=上写真手前=がイチ押しだ。ほかにもハーブでマリネした分厚いサーモンとスイートチリソースが女性に人気の「サーモンサンド」=奥、ボリューミーな「クラブハウス」=中央=など9種のサンドがある。サイズは3種類で「カップルや家族でシェアしたり食べ比べるのもオススメ」と外間店長。インスタ映えする紫の外観を目印に!


自家製のフレッシュレモネードも人気。左がパイナップル&キウイ&ライムネード、右が4種のベリーを組み合わせたベリーネード。各500円。炭酸で割ったスカッシュにも変更できる


紫の外観が目印。外国人にも人気

[店舗情報]
沖縄県宜野湾市新城1-31-7#101(地図
098‐943‐5306
9時~20時
毎月最終日が定休
駐車場なし
※テークアウトはもちろん、シート席やカウンターなどイートインスペースもあり





手前から時計回りに「塩昆布チーズ」(230円)、「ブラックココアココナッツ」(250円)、「ZAKIMIベーグル」(230円)

天然酵母でしっとりモチモチ
marumi Bagel (まるみベーグル、読谷村座喜味)

2018年11月にオープンした「marumi Bagel」は、天然酵母と国産小麦、きび糖を使った低温発酵で、しっとりもちもちの食感のベーグルが味わえると好評。自家製のちんぬく(里芋)を使い、いもの甘さとゴマの香ばしさがたまらない「ZAKIMIベーグル」や、ココナツとビターテイストのチョコが好相性の「ブラックココアココナッツ」、チーズと塩コンブの塩気とうまみがマッチした「塩昆布チーズ」など、食事系やおやつ系のベーグルが並ぶ。店主の新里睦美さんは「常時10種類が並び、季節ごとに多彩なベーグルを考案しています」と話した。
 
日替わりスープもあるので、ベーグルと一緒に味わうのもいい


店内にはアンティーク調の雑貨や、ドライフラワーがセンス良く飾られ、目を引く


[店舗情報]
沖縄県読谷村座喜味195-8(地図
098‐923‐0036
11時30分~売り切れ次第終了
日・月・火曜日定休

 


毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ
「第1656号 2019年4月25日紙面から掲載」

特集

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2140

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る