ホテルJALシティ那覇 宿泊支配人の大湾朝善さん|改装で随所に沖縄らしさ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

SIMATABI 読谷村「新しく懐かしい読谷が熱い!」

わたしらしく

企業紹介

2018年7月5日更新

ホテルJALシティ那覇 宿泊支配人の大湾朝善さん|改装で随所に沖縄らしさ

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.201
6月20日に開業12周年を迎えたホテルJALシティ那覇。7月には客室や宴会場などをリニューアル。都会にいながらもリゾート感が楽しめる雰囲気に変わった。宿泊支配人の大湾朝善さん(47)は、「快適にくつろげるお部屋をより多くのお客さまに利用してほしい」と笑顔を見せる。

ホテルJALシティ那覇 宿泊支配人の大湾朝善さん
 

改装で随所に沖縄らしさ

ホテルJALシティ那覇
宿泊支配人
大湾朝善さん



リゾート感覚都会で楽しむ

Q.ホテルの特徴は?
A.空港や港へのアクセスが良く、観光にも便利な国際通りの真ん中にあります。宿泊者は沖縄県外の方や海外の方が中心ですが、石垣や宮古など離島の方も利用されます。
また、レストランのランチタイムは、地元の女性のお客さまが友人同士の集まりによく利用されています。

Q.リニューアル内容は?
A.7月に、全客室と宴会場、ロビーやエントランスをリニューアルし、以前よりもリゾート感がアップしました。随所に沖縄らしさをちりばめ、エントランスや客室のカードキーは紅型のデザインを採用しました。各階のエレベーターホールにはサンゴなどのオブジェを飾っています。
特に力を入れて改装した客室は、テレビを壁掛けタイプにしたり、脱臭効果のあるナノイー発生機を天井に埋め込むなど、空間を有効活用できるようにしました。壁紙や床などは沖縄の自然や文化をイメージした色を使い、都会にいながらもリゾート感を感じられる空間です。
また、お客さまの旅行スタイルに合わせてご家族やグループ旅行の方のために3~4人用の客室を増室しました。人数分のUSBコンセントを設置し、楽しく快適に過ごすことができます。さらに、ワンランク上のJプレミアムタイプの客室では、上質なくつろぎを体感できるようにアメニティにもこだわりました。

Q.どのような業務をしていますか?
A.宿泊の手続きや、お客さまからの観光施設についての質問に答えるなど、フロント業務を担当しており、常に笑顔を意識しています。ここ数年で外国人のお客さまも増えました。安心して宿泊してもらえるように、フロントでは英語、中国語、韓国語に対応できるスタッフがいます。
今回のリニューアルで、さまざまなお客さまがさらに快適に過ごせる環境になりました。より多くのお客さまに足を運んでもらえるようにスタッフ一同頑張ります。


沖縄の自然や文化をイメージした明るい内装
沖縄の自然や文化をイメージした明るい内装


初夏の香り楽しむセレクトディナー
ホテルJALシティ那覇1階のレストランボナペティでは、肉や魚など6種類からメインディッシュが選べる「セレクトディナーバイキング」を開催中(写真)。オードブルやサラダ、デザートなどは好きなだけ楽しめる。料金は平日大人4100円、小学生2000円、幼児は無料。そのほかにも、メインディッシュが選べるコース料理「セレクトディナーコース」(平日大人3580円)もある。

初夏の香り楽しむセレクトディナー


<問い合わせ>
ホテルJALシティ那覇
沖縄県那覇市牧志1丁目3番70号(地図
098-866-2580


発信!沖縄の魅力「未来をつくる企業」|過去の記事一覧


『週刊ほーむぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<201>
第1615号 2018年7月5日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1109

沖縄の大人女子を応援します。

さぁ、夏だ!! 2018「夏休みがやって来る!」

TOPへ戻る