沖縄県労働金庫 本店営業部 融資課 課長の玉城綾子さん|お客さま目線を大切に|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

企業紹介

2018年3月15日更新

沖縄県労働金庫 本店営業部 融資課 課長の玉城綾子さん|お客さま目線を大切に

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.187
「ろうきん」の愛称で親しまれている沖縄県労働金庫。業務内容は銀行と同じだが、銀行とは少し異なる性質を持つ。「誰でも利用することができるが、それを知らない人もいる。ぜひ多くの人に利用してほしい」と語るのは融資課の玉城綾子さん。

沖縄県労働金庫 本店営業部 融資課 課長の玉城綾子さん

思いに寄り添い花で表現


沖縄県労働金庫
本店営業部 融資課 課長
玉城綾子さん



多くの人に魅力伝えたい

Q.ろうきんの特徴は?
A.ろうきんは、全国で唯一の福祉金融機関として運営しています。労働組合や生活協同組合の「働く人々がお互いを助け合うため」に資金を出し合って作った金融機関であり、成り立ちが銀行と異なります。そのため、融資や預金の取り扱いは銀行と同じような業務内容ですが、事業性資金の融資は取り扱っていません。
また、利益を商品やサービスを通して利用者に還元している点も特徴です。低金利の住宅ローンや教育ローンなども数多くそろえていますよ。一部例外はありますが、コンビニやスーパーなどに設置されているATMの引き出し手数料を、365日24時間無料にしているのも、利益還元の一つです。会員団体の構成員はもちろん、お子さまからシニアまでどなたでも預金口座を設けることができます。

Q.普段のお仕事は?
A.来店したお客さまの相談を受け付けたり、ローンの審査の手続きなどを担当しています。お客さまは、一人一人理想とする生活やライフイベントが異なるので、しっかりと話を聞き、それぞれに合った商品の紹介やアドバイスができるように心掛けています。当庫の商品だけでなく、奨学金などの情報も提供するなど、常にお客さま目線を意識していますね。
ローンだけでなく、個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」など、お客さまの将来を見据えた金融商品の提案も行っていますよ。

Q.大変なことややりがいは?
A.ローンや預金などはお客さまのライフプランに関わることなので時間をかけてお話します。時間の配分には気を使いますが、事務作業を効率良く行うよう常に考え、お客さまとお話する時間を確保しています。そして、「丁寧な説明をしてくれてありがとう」「ろうきんを選んで良かった」という言葉をいただけるのがやりがいです。
今後は、若い人たちにもろうきんの魅力を伝えていき、より多くの人にろうきんを利用してほしいです。



玉城さん(中央)を囲む盛根本店営業部長(右)と金城さん(左)

 

カーライフ応援キャンペーン実施中!



ろうきんでは「カーライフ応援キャンペーン」を実施しており、4月末までお得なキャンペーン金利が適用される=写真。
進学・就職に伴う車の購入や免許取得費用として活用できるほか、他の金融機関で借りている自動車ローンの借り換えも対象。県内3カ所にあるローンプラザは土日も営業し、各種ローンの相談ができる。

<問い合わせ>
沖縄県労働金庫 本店営業
098-861-8155
沖縄県那覇市旭町1番地9(地図
http://okinawa-rokin.or.jp/​


発信!沖縄の魅力「未来をつくる企業」|過去の記事一覧


『週刊ほーむぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<187>
第1599号 2018年3月15日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
宮里知可乃

これまでに書いた記事:37

新人プランナー(企画・編集)
1990年生まれ、うるま市出身。365日ダイエット中。
真面目な話からくだらない話まで、「読んだ人が誰かに話したくなる情報」
をお届けできるように頑張ります!

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る