[ペットと暮らす]吉田春樹さん&ララ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

わたしらしく

My Style

2016年5月5日更新

[ペットと暮らす]吉田春樹さん&ララ

ペットとわたしの暮らし方「いつもいっしょ。vol.71」

Degital Magic代表 吉田春樹さん&ララ

復帰後のオキナワンロックの繁栄を築いたミュージシャンの一人である吉田春樹さん(68)。現在は沖縄市でデザインオフィスを主宰。後進の育成やまちづくりにも携わる。愛犬ララとの時間がリフレッシュと笑顔で話す。




長毛で胴長短足、鼻ぺちゃ、たれ目が特徴的なペキニーズのララ。かわいいしぐさに「仕事の疲れも吹き飛ぶ」と吉田さん=沖縄市の自宅/写真​


 

鼻ぺちゃに癒やされ

「沖縄に移住してから3匹の犬を飼ってきた。室内犬はララが初めて。長毛で家中が毛だらけになるから掃除が大変だけど、鼻ぺちゃでたれ目のこの顔を見たら、自然と笑っちゃうでしょ?癒やされるよね~」。愛犬を前に吉田さんの頬が緩む。

1973年、プロバンドとして初来沖。以来、メデューサ、紫、アイランドで活動。88年のオリジナル曲「Stay with me」が大ヒットするなど、沖縄のミュージックシーンをけん引してきた。93年にはデザインの世界に転身。常に時代の先を走る。「気持ちが張りつめていても、ペットがいると自然と和み、リフレッシュになる」。ペット生活のプラス面は計り知れないと話す。

現在は二人の息子も独立し、妻と二人暮らし。「ララは日々の暮らしに潤いを与えてくれる。わが子も同然。大事な家族です」と目を細める。

ペキニーズは運動量が少なく、暑さや湿気にも弱い。沖縄の気候はララにとって相性がいいとはいえないが、吉田家では換気や空調、食事なども気をつけ、年老いたララの体調管理に努めている。「ララはもうちょっと減量した方がいい。僕もか。家族そろってダイエットしないとね」と楽しそうに笑う吉田さん。ララを中心に、吉田家の暮らしは心も体も健やかなよう。



 

得意ワザ&ポーZoo



鼻ぺちゃ、たれ目も魅力


「お手」「おすわり」「待て」も上手なララ。大好きなビスケットも吉田さんの「よし」の合図までしっかり我慢。排せつもきちんと知らせてから、トイレで行うおりこうさんです。/写真



DATA
☆名前
ララ
☆性別
メス
☆種類
ペキニーズ
☆年齢
11歳
☆体重
約5.5kg
☆何代目
3代目
☆吉田家に来た経緯
最初は吉田さんの妻の友人が飼っていた犬だったが、育てられなくなったと聞き、ララが1歳のころ吉田家で引き取った。
☆好きなこと
ボール投げならぬバナナ投げ。口が小さくてボールが上手にくわえられないララのために、細長いバナナのおもちゃを投げるようにしている。
☆好きな場所
ケージの中。高齢になり、寝て過ごす時間が長くなった。
☆苦手なこと
抱っこされること。椎間板ヘルニアを患っているため、抱っこされると痛がる。逆に、しっぽをつかんで逆さづりの状態にすると、とても喜ぶ。「背骨が伸びて気持ちいいらしく、くるんくるん回るんですよ」と目を細める。
☆困ったクセ
新聞紙を食べてしまうこと。
 


はい!チーZoo



ぽんた
一生懸命に狭いところから入ろうとします。なんだか変な顔に…(笑)。
■種類/雑種猫 ■性別/オス ■年齢/2歳
 

『ペットの写真募集』
携帯電話で撮影した写真は、大きめの画像サイズで。住所、氏名(紙面ではイニシャルか姓だけか匿名か希望を)、連絡先、ペットの名前、種類、オス・メスの性別、年齢、50文字以内のコメントを添えてhome@jpress.co.jp までメールを。写真を投稿していただいた方に、動物病院22時グループで使える商品券を差し上げます。写真採用の方には3000円分、また応募者の中から抽選で5人に1000円分の商品券をお送りします。
 


ライター/赤嶺初美
『週刊ほーむぷらざ』ペット生活。いつもいっしょ<71>・第1503号 2016年5月5日掲載

My Style

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2214

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る