沖縄の魅力|おやじダイニング マネージャーの石川弥幸さん|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

企業紹介

2017年11月2日更新

沖縄の魅力|おやじダイニング マネージャーの石川弥幸さん

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.174
11月1日に開店10周年を迎えた沖縄市宮里の居酒屋おやじダイニング。お酒はもちろん、食材や調味料にもこだわり、素材を生かした創作料理が自慢。店舗を切り盛りするマネージャーの石川弥幸さん(27)は「常にお客さま目線で考えて営業している」と話す。

お客さま目線を重視して



おやじダイニング


マネージャー
石川弥幸さん



料理とお酒で「おやじ」応援

Q.同店の特徴やこだわりは?
A.店名にもある通り、コンセプトは「世の中のおやじがおいしい料理とお酒で疲れを癒やし、明日も頑張ろうと思える空間」。もちろん、女性も大歓迎です。特に食材や調味料、お酒にはこだわっており、魚は料理長が毎日魚屋で直接鮮度を確かめ、新鮮な魚を仕入れています。刺し身などの定番料理からトマトチーズ鯛釜飯などの創作料理まで、素材を生かした最もおいしい食べ方を提案します。ドレッシングやしょうゆは料理に合うように研究してお店で手作りしています。
ドラフトビールは常に8種類。日本酒は一般的には手に入りにくい銘柄も用意しています。現在は「十四代」という日本酒を5種類そろえ、おつまみと一緒に楽しめるセットを販売中です。日本酒が好きな人には喜んでもらえると思います。

Q.接客の際に意識していることは?
A.細かいことですが、飲み物のおかわりや空調の温度調節の声かけ、料理に合うお酒の提案など気遣いを意識し、さまざまな要望にもできる限り応えるように心掛けています。
また、イベントを企画する際はどのようにしたら喜んでもらえるのかを一番に考え、価格以上の価値を提供できるよう努力しています。
良い接客をするにはチームワークも大切なので、スタッフ同士の声かけや助け合いも忘れません。常にお客さま目線での接客を全スタッフで実現できるようにしています。

Q.仕事での楽しさは?
A.お客さまと一緒に乾杯する時が最高です。「こんなお酒が飲みたい」など要望を直接聞けるのは接客業の魅力だと感じます。「やっぱりこのお店がいい」と言ってもらえるのはうれしいですね。
月に1、2回は他の飲食店のオーナーや店長などと勉強会を兼ねた交流会を開催しています。ワインについて勉強したり、互いの改善点を指摘し合ったりして、店がより良くなるための努力は惜しみません。今後もお客さまの要望に応えられる店を目指します。



注文を受けたビールを注ぐ石川さん。おいしく味わってもらうよう注ぎ方にこだわりも


忘新年会にぴったり!卓盛コース料理

おやじダイニングでは年末年始にうれしい宴会プランの予約を受け付け中。
2人から予約でき、お酒と一緒に旬の食材をふんだんに使用した料理がたっぷりと楽しめる。料金は一人3500円(税込み)~。
希望の曜日や時間がある場合は早めに予約をするのがおすすめ。



<問い合わせ>
おやじダイニング
沖縄県沖縄市宮里4-2-6(地図
098-894-4082


発信!沖縄の魅力「未来をつくる企業」|過去の記事一覧
<過去の記事一覧>
発信!沖縄の魅力 ー未来をつくる企業ー


『週刊ほーむぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<174>
第1581号 2017年11月2日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1450

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る