[ペットと暮らす]micanオーナー 上江洲美香さんとマロ&モカ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

My Style

2017年7月20日更新

[ペットと暮らす]micanオーナー 上江洲美香さんとマロ&モカ

ペットとわたしの暮らし方「いつもいっしょ。vol.85」
沖縄県読谷村で、オーラソーマ、氣質学、ネイル、ダイエットなど、美容と健康のサロン「mican(ミカン)」を営む上江洲美香さん(39)。ペットを飼い始めて「より深く、命・生き方を考えるようになった」と語る。

ペット生活 いつもいっしょ[85]|micanオーナー 上江洲美香さんとマロ&モカ
「サロンに来るお客さんと犬の話で盛り上がったり、話題が増えました」と笑顔で語る上江洲美香さん=読谷村のmican

 

micanオーナー 上江洲美香さんとマロ&モカ

心通わせ安らぎ生む

もともと犬好きだが、ずっとマンション住まいでペットを飼うことはできなかった。北海道から沖縄へと嫁ぎ、読谷の自宅でサロンをオープンして5年。念願の犬を飼いたいと計画し、2年前に初代犬マロを、1年後には2代目モカを迎え入れた。

夫は室内で飼うことに難色を示していたそうだが、「今では2匹にメロメロ。こいつらがいない生活なんて考えられないと言ってます」と笑う。また当時、受験前だった息子も、「マロとモカには素直に愛情表現でき、その優しい表情に親として安心したりしました」と話すなど、愛犬たちは家族に温かな安らぎをもたらしている。

「ペットを飼うようになって、命とは、生きるとは、責任とは、など、いろいろと考えるようになった」と話す。「人それぞれいろいろな考え方があると思いますが、私はマロとモカにも、健康なメス犬の自然な機能として、出産し母親になるということを経験させ、生まれた子についてもしっかり育ててくれる里親を探すか、最期まで責任を持ちたい」と覚悟を語る。

言葉を介さずともコミュニケーションが成り立つペットとの生活は、オーラソーマやアロマなど、自然のパワーを癒やしのツールとして提供する自身の仕事に通じるものがあると話す美香さん。心の声に耳を澄ませ、その温かな手を差し伸べている。

 

得意ワザ&ポーZoo



はい、チーズ♪​
お気に入りの「カミカミ」を口に得意げな表情を見せるマロ。美香さんは、「好奇心旺盛で賢い」と評する。一方のモカは穏やかな性格でおとなしい。


DATA
マロ(メス)2歳 3.5kg
モカ(メス)1歳半 4kg

☆種類
マルプー
☆何代目
マロが初代。モカは2代目。
☆上江洲家に来た経緯
夫から「毛が抜けず、臭いがないならペットを飼っていもいい」と条件を出され、ペットショップで相談してマルチーズとプードルのミックス犬であるマルプーに決めた。
☆好きな食べ物
2匹とも普段はドッグフードを食べているが、乾燥さつまいもとレタスが好物。
☆好きなこと
マロはボール投げと「カミカミ」と呼んでいる骨の形をしたおもちゃをかむこと。モカはのんびり屋で遊ぶことより人といることの方が好き。
☆苦手なこと
モカは人見知り。マロは特になし。
☆困ったクセ
マロは、かまってほしいときなど、わざとトイレ以外の場所でおしっこをして嫌がらせをすることがある。


 

はい!チーZoo


ジジ
ジジがウチに来てくれて毎日を癒やしてくれてます。ありがとうジジ! これからもよろしくね。

■種類・雑種 ■性別・オス ■年齢/1歳
『ペットの写真募集』
携帯電話で撮影した写真は、大きめの画像サイズで。住所、氏名(紙面ではイニシャルか姓だけか匿名か希望を)、連絡先、ペットの名前、種類、オス・メスの性別、年齢、50文字以内のコメントを添えて h.home.jht@gmail.com までメールを。
ライター/赤嶺初美
『週刊ほーむぷらざ』ペット生活。いつもいっしょ<85>
第1566号 2017年7月20日掲載

My Style

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1601

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る